2018年01月24日

違法無料物と戦う漫画業界とフリーライドに思うこと

昨日は少し早めに帰宅して、ある動画変換ソフトのステータスバーの値が変わったら、次の操作(ファイルコピー)を自動実行するようなツールを自作しようと意気込んでいたのだが、その動画変換ソフトのステータスバーは独自描画だったので検出できず。無念…。

(このアプローチについては無念だったのですが、寄せられたコメントで、プロセスの終了を検知して継続動作を作ることができることに気づきましたので、問題は解決しました)

無念ついでにTwitterを眺めていたのですが、「漫画村」というキーワードが目に付くようになっていたので、追っていました。
どうやら、著作権者に無断で、無料で漫画を公開している違法(脱法?)サイトらしいですね。
そういえば以前にもこの件を気にしかけていたことがあったのを、ちょっと思い出しました。

で、色々見てみると、

  • そもそも違法と認識していないユーザーが多そう。
    (法の網の目をくぐり抜けて脱法と述べている人もいるが、詳細は不明)
  • 無料だから当然こっちの方が便利と思うだろう。
  • 違法なこともそうだが、ウイルスやワームの感染源になっていることの周知が必要。
  • 違法以前の問題として、漫画家や編集者が食っていけなくなり、漫画文化が衰退していくことに、ユーザーは気づいていない。

等々。まぁ、違法なのでそもそも良くないことなのですが、それでも人はなぜか、違法物でも見ようとするのはなぜなのか。
アニメを見れば、アニメ開始時に画面下に「最近違法にネットにアップしている奴がいる」と表示されるとか、映画を観に行けば「映画泥棒」の映像を見せられるとか、とにかく違法物との戦いは後を絶ちません。

で、今日気になったのは、この意見でした。
狂った意見のように見えそうにもなるけど、もしかするとこれが自体の本質なんじゃないかなぁとも思えてきたり。


結局の所、「その場で快楽を得る」手段が得られれば良いだけで、適法かどうかとか、文化が潰れるとか気にしていたりしない。
違法サイトが原因で漫画が潰れても別の漫画に乗り換えるし(そもそも漫画が潰れたことにも気づかない)。
漫画文化が潰れても、他の快楽を得る手段に移るだけで、漫画文化があったことすら気にしない。気づかない。

世の中、これだけ快楽手段が溢れてしまっていますからね。ユーザーの時間を、映画、テレビ、音楽、ゲーム、スマホ、…など、様々な快楽が奪い合っている状況です。
現在の状態を「満腹の王様に食事を提供しあっている状態」なんて揶揄する人もいますけど、現在の社会における快楽手段提供の状況って案外そんなもんなのかも知れません。
そんな中の一つの存在「漫画」が、文化の存続をかけて/適法性をかけて呼びかけをしても、あまり効果がないのかも知れません。

なぜそう感じたかというと、理由は2つ。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット