2018年02月15日

良いレッテル。あいつに○○すると面倒なことになるぞ

日常生活でも会社生活でも、良いレッテルを貼られるとラクになることがあるんじゃないかと思ったり。

あいつは3日以上の休みになると、すぐ海外旅行に行ってしまうので、休日出勤頼むのはそもそも無理だな、と、忖度されやすいレッテルとか。

あいつを飲み会に誘っても、どうせ断るだろうから、そもそも誘うのはやめよう、と、忖度されやすいレッテルとか。

あの企業のウェブサイトを誤検知すると、法務部門が出てきて大変なことになるから、誤検知しても気づかれる前に直せるように重点監視しておこう、と、忖度されやすいレッテルとか。

その延長線上で、あの個人サイトを誤検知すると、すぐに検証とか再発防止とか言って乗り込んでくるから、誤検知しても気づかれる前に直せるように重点監視しておこう、と、忖度されやすいレッテルを貼ってもらえたらいいなぁと、ある時期から思い始めたことがありました。

その後からは、誤検知的な連絡が来たらなるべく、面倒くさい奴に思われるような行動を心がけようと思ったもんです。
なるべくサポート部門に原因や再発防止策を聞くようにしたり。
レンタルサーバの会社から誤ったウイルス発見連絡と、即座のウイルスチェックを指示された時は、こちらは無駄に深夜作業をさせられたこともありましたんで、わざわざ半休をとって、なぜそんなぶっきらぼうな指示(支持)に至ったのかの原因追求と再発防止のための質問のための会社訪問をしたりとか。

当サイト上にも「念のための報告もご遠慮願います。報告した場合、該当ソフトウエアの利用禁止あるいは転載禁止とします。」と書いていますし。

幸いなことに、ここしばらくはそういう連絡は来なくなりました。そもそも誤検知が発生しづらくなったのか、パソコンのフリーソフト離れで利用者が減ったのか、面倒くさい奴とレッテルを貼ってもらえて連絡が来なくなったor連絡が来づらいように初期対応をしてもらえているのかはわかりません。

結果から見れば、良い方向に世の中が進んでくれたんだと、安心しています。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2018年02月14日

奨学金破産で親子共々破産とかいう時代がきたのか

自分が小さいことには、日本は先進国で他国より裕福な暮らしをしている国だという話を聞いていた気がしますが、最近ではだいぶ事情が変わってます。それでも、現在でも他国より裕福だと思い込んでいる人がいて、周辺国のさらに裕福な様子を聞いて愕然とする、なんてエピソードをツイッター上で見かけるようになりました。

どこまでが本当かはわかりませんが、割と本当の話なんじゃないかなと、なんとなく思ったりします。

で、表題の話。
奨学金破産で親子共々破産という。そんな時代。
学生ローンを奨学金と呼ぶのは、いい加減、どうなんだという気もしますけどね。しかも有利子で取り立ても厳しいわけだし。

取り立てが厳しいのは理由があり、僕らが学生の頃(まだ日本育英会と呼ばれていた)は、取り立てが優しすぎて逆に問題とされていました。もっと、勤務先に電話をかけるなどしてきびしく取り立てるべきだ!という、世論からの圧力があって、今のような厳しい取り立てになったのだと思います。

ただ、良くないことに、世の中の景気もどんどん悪くなっていったのだと思います。リーマンショック等の影響でしょうか。

給料も十分にもらえず、取り立ても厳しくなったのなら、板挟みとなり、破綻することになるわけで。

自分の場合、幸いなことに(?)2006年ごろに突然の遠隔地出張があり、何ヶ月か200時間超の残業を強いられたことがありました。
まだその頃は、ギリギリITバブルが残っていて、残業代はほぼ満額で払われたため、サイフはだいぶ潤いましたので、奨学金は一気に返済してしまいました。

今ではIT業界バブルもなくなり、うちの会社も裁量労働の名の下に定額残業代制になったので、当時のような稼ぎを得るのは非常に難しいでしょう。

今から思うと、あの時、稼げていなかったら、自分も破綻の道を歩んでいたかもしれず、ギリギリITバブルの波に乗れたのは不幸中の幸いでした。ってか、もう200時間残業を何ヶ月もやるのは、嫌ですけど。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月13日

RaspberryのバックアップSD

大量のSDカードのアダプタを入手することになってしまった原因である、Raspberry PiのSDカードのバックアップをrpi-cloneで取得する件については、無事に上手くいきました。

バックアップ先のSDカードでも、問題なく立ち上がりました。
世の中にはスゴイ手段(しかも無償)を構築する人もいるもんだなぁということを、つくづく感じました。

39464693-9E80-4C28-81D7-DD1FBEF00408.jpeg1E21E232-91BD-4E8A-8423-1DA8EA5935EA.jpeg

Amazonで探してみると、microSDカードばかりを収納するケースが数百円帝都で売っており、それを購入しました。
バックアップSDカードは、これで管理しようかと思います。

こう見てみると、microSDカードってのも、すごいもんですね。
これだけのサイズで、1GB入るだけでも驚きですが、8GB, 16GB, 32GB, …は当たり前に手に入り、128GBもそこそこの金を出せば手に入る。
さらに金を出せば200GB以上のものもあるそうで。

思い出してみると、20年前には1GBのSCSI-HDDを買うのが精一杯だったんですが、20年経つとこのサイズで、この金額で、こんだけの容量が手に入る時代になったってんだから、時代の変化って早いもんだなぁと思いますね。




posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ運用