2018年02月12日

世間的にはようやく花粉症シーズンが到来するらしい

1月上旬に花粉症の症状が現れ始めて1ヶ月くらい経ちました。
そろそろ薬の続きを受け取りに行かなければならないため、病院へ。

11087554-5D93-4F41-8C4F-DCCD010513B1.jpeg

ニュースだと、「花粉症シーズンが到来しますので、花粉症の方はそろそろ対策を始めて下さい」とのこと。
自分の場合は、1ヶ月前からとっくに到来しているので、何を今さら?という感じがしますが、症状レベルが普通の人は、ようやく花粉症シーズン到来なんだそうですね。

で、自分の場合、このシーズンになると飲み薬だけでは対応ができず、いよいよ点鼻薬、点眼薬を多用し始めます。
自分にとっては、もう一段階上の花粉症シーズンが到来する感じ。

このまま4月か5月くらいまでこの状態が続き、6月くらいに症状が和らいでいき、梅雨のころに症状がなくなります。
ちなみに空きにも花粉症がくるので、9月か10月くらいにも同様の症状が現れます。
なんで年に2回も苦しめられなきゃイカンのだ…。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月11日

なんでアースの接続口がこんなにもなさすぎるんだ

先日、UPSを購入して使い始めているのですが、ふと、アースの線を放ったらかしにしていることに気づきました。

他の機器なら、アースの放ったらかしは、あまり気にならないのですが、さすがに雷サージ対応のUPSほどの機器ともなると、ちょっと気になる。


6F8E673E-E1D8-4452-9D85-7D8F12B8318A.jpeg

この他に、パソコンとプリンタのプラグからもアースの線が伸びていますが、放ったらかしでした。
一応、我が家でアースの線が伸びている家電は、パソコン関係品を覗くと、電子レンジ、洗濯機、トイレです。

電子レンジと洗濯機は、近くにアース接続する穴があるので、接続しています。

トイレにはアース接続する穴はありませんが、水場ですし、何かあったらシャレになりません。我が家を建てた工務店さんが、ビリビリガードを付けてくれているので、そこに接続しています。

なので、問題は、パソコンと周辺機器。
パソコンと周辺機器が置かれている二階には、アースをつなぐ穴が一つもありません。
パソコンなど、アース線が伸びている機器のマニュアルでは、アースは絶対に接続するよう書かれています。安全面を考えれば、そりゃそうです。

そりゃそうなんですが、日本の家屋のコンセントには、どうしてここまで、アースをつなぐ穴がないのか。
マニュアルに書かれた真剣さをあざ笑うかのような、日本の家屋のコンセント周りの状況。
なんか、この、両者の板挟みになっている感は、なんなんだろう。

対策の一つは、トイレと同じように、ビリビリガードを使うことでしょうかね。お金はかかるけど。安全面を考えれば、仕方ない。
注意追記】ビリビリガードはアースの代わりにはならないと、製品のWebサイト等に書かれていますので、この対策は誤りです。質問掲示板とかでは、けっこうウソが書かれているっぽい。

また、質問投稿サイトを見ると、パソコンラックの金属部分に貼り付けるのでも良いと書いてある。それくらいならできるかな。
注意追記】この対策も誤りです。地面にまで刺さった水道管に貼り付けないとアースにならない。これもまた、質問掲示板とかでは、けっこうウソが書かれているっぽい。

パソコンとプリンタは、パソコンラックの近くに配置しているため、パソコンラックの金属部分に貼り付ければいいだろうか。ビニールテープかなんかで。

UPSについても、サーバラック(実際には普通のラックだけど)の金属部分があるので、そこに貼り付ければ良いかな。
ちょっと長さが足りない分は、導線を買ってくるか、アルミホイルで繋いでみるか。

アース関連のトラブルって経験したことがないからよく分からないけど、これで良いのかなぁ。
注意追記】というわけでダメだそうです。ご指摘下さった方、ありがとうございました。

posted by ayacy at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年02月08日

microSDカードを買う度に、余り続けるSDカード変換アダプタに良い使い道はないものか…?

Raspberry PiのmicroSDカードのバックアップをrpi-cloneで簡単に取得できるという情報を入手しまして、家庭内のあちこちで運用しているRaspberry PiのmicroSDカードのバックアップを取得しておこうかと思いました。

(上記記事内で言及されているとおり、Raspberry PiをGUIで運用していれば「SD Card Coier」という手段が使えるそうですが、私は普段はSSHで接続してばかりなので、rpi-cloneの方が性に合っていまして)

Raspberry Pi本体が壊れただけなら、優先度の低い用途の機体を代替機として家庭内で工面することもできますし、そもそもRaspberry Piそのものは、5000円少々出せば新しい機体を入手できます。しかし、microSDカード内に作成した様々な設定、アプリ、シェルの組合せなどを再現するのは、ちょっとツライですからね。

それにしても、ほぼ1年に渡り、Raspberry Pi内のSDカードが一枚も壊れなかったのは、奇跡だったのかもしれません。
ちなみに、StickPCに入れていたmicroSDカードは、1枚あっさりと壊れたことがありますので、microSDカードの弱さについては知っていますので。

で、バックアップ用のmicroSDカードを買い集めていたら、

54E17BEB-5E63-4C97-BB21-C5064F17B963.jpeg

すげぇ勢いでSDカードの変換アダプタが余り始めました。
そういえば、New Nintendo2DSを買った際、中に入れるSDカードがmicroSDカードに切り替わっておりました。その時もmicroSDカードを新しく購入したのですが、やはり変換アダプタが付属しており、余ったのでした。

今のところ、すべて、「机の引き出しの肥やし」になっているのが実情です。
なにか、有効な使い道って、ないですかね。

メルカリやヤフオクで売り飛ばすとか?
というか、他の人のところでも余っていそうですからね。
だれか、これの有効利用の方法をご存じの方、いませんかね?


posted by ayacy at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC