2018年03月09日

以前、ヘリウムが入手しづらくなっていたそうだけど、今はどうなんだろう

ふと、自宅で子供が、YouTube動画を見ていました。
動画内では、パパがヘリウムガスを吸って、面白い声を出して娘たち(カリスマ小学生ユーチューバー)を笑わせる様子が映っていました。

で、ふと思いました。
そういえば、少し前に、ヘリウムガスが供給不足になり、ディズニーランドで風船の配布が行われなくなったんでした。

そもそもヘリウムってどういう時に供給不足になるんだろう?
っていうか、ヘリウムってどうやって入手しているんだろう?

ヘリウムの化学的性質は、中学の理科や、高校の化学の授業で習います。
水素に次いで軽い元素であり、原子番号2番。元素記号はHe。
最外殻電子が閉殻な「希ガス」であって、他の物質と化学反応しづらい。
非常に軽いため、風船の中に入れられたり、飛行船の中に入れられて浮遊するために用いられる。
(以前は、最も軽い水素が飛行船の中に入れられていたが、水素は爆発する性質があり、静電気事故でヒンデンブルグ号のような惨事が起きかねないので、ヘリウムが用いられている)

最近知りましたが、絶対零度付近で超流動現象を起こすんだそうで。
量子的な性質がマクロに表出する、非常に興味深い現象です。

で、どっからどうやって入手しているんだか、でした。
調べてみたら、結構すぐにわかりました。さすがネット時代。

地中から、他の液化天然ガスと共に産出するらしいですね。
地中からのガスであれば、空気中よりも高濃度にヘリウムが含まれており、冷やしても固体にならない性質を利用して分離するんだとか。

ヘリウムは、石油や他の液化天然ガスと同様に、地球上に偏在して存在しているそうで。
最近、日本が多く輸入に頼っている国が、中東のカタールであると。

で、カタールはテロ支援をしていると疑われており、他の国々から国交断絶をされていたりとかして、政情不安になるとヘリウムの輸出ができなくなるみたいですね。
他の国についても、ヘリウム採掘プラントの不具合などで共有が不安定になることがあるそうで、そんなことがあったりすると、ヘリウムが入手しにくい現象が起きるんだそうで。

ヘリウムについては、化学的性質についてしか知らなかったけど、なるほど、こんな事情があったとは知らなかったです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月08日

これが花粉症薬の副作用「悪夢」か!?

花粉症薬の副作用「悪夢」によるものか、あるいは、保湿ティッシュには甘味料が塗られているという話を聞いた影響か、わかりませんけど、先週土曜日の夜は、「使用済みのティッシュを次々と食べる夢』をみて、目が覚めても口の中がティッシュでいっぱいで不快という夢」をみました。

夢の中で夢を見っていう、多重パターンは久しぶりですが、「不快な感覚が残る」夢ってのも、なんだかイヤです。
もしかしてこれが、花粉症薬の副作用「悪夢」なのか。

ちなみに、保湿ティッシュには甘味料が塗られていて甘いそうですが、ティッシュの製造元としては、食べてはいけないと注意喚起しているそうで。

まぁ、そりゃそうですよね。食べ物として作られているわけではないんだし、そんなのでお腹を壊されて苦情でも寄せられたら、たまったもんじゃないし。

上記サイトで「非常食になると紹介しているサイト」という言及で思い出したのですが、貧乏学生がお腹が空いたとき、ティッシュを天ぷらにして食べていたというエピソードがあったのを思い出しました。いくらお腹が空いても、ティッシュを食べてはいけませんよね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月07日

『ブラックパンサー』を観てきました。これは面白い。

マーベルの新作映画「ブラックパンサー」を、公開2日目に観てきました。
本作はこれで1作目であり、純粋にこの作品だけで楽しむことも可能ですが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として、アイアンマンやスパイダーマン等、他のマーベル作品と世界観を共有しており、次作のアベンジャーズで他のヒーローたちとの共演が約束されています。

7A4C7B60-18D4-479A-89DD-1C1448867684.jpeg

この映画を観たい気持ちが強すぎて、普通に街を歩いているおじいちゃんがサングラスを掛けているだけで、スタン・リーに見えてきてしまいました。これはヤバイと思い、その日は会社を定時退社して、映画館に寄ってきました。

普段、帰りづらくてブラックかも?と思っている職場ですが、残務があろうがまだ働いている人がいようが、観たい映画があればスパッと定時退社できるようになったので、自分も強くなったもんだなぁ、と。

物語の起点は、いちおう「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」から繋がっています。ここで、アフリカにある架空の国「ワカンダ王国」の国王がテロにより殺害され、その後を継いだ新国王ティ・チャラが主人公です。ブラック・パンサーはシビル・ウォーにも先行出演していました。

ブラック・パンサーという言葉がどんな文脈で使われるものか、元々本作の漫画が公開された当時の米国国内の社会情勢はどんなだったか、とか、この作品を通して世界はどう感じられるべきかみたいな前提条件として知っておくと面白い知識は、TBSラジオの3月2日の夜間の番組でガッツリ語られていましたので、興味のある方はぜひ聴かれると良いです。なお、この番組では、ネット配信限定で、ネタバレバージョンのトークも公開されていましたんで、映画を観た後の方はそっちもオススメ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画