2018年04月16日

こんな時代ですからね - 疑似RPGの公開終了について

先日、朝のラジオ番組で、こんな話がありました。

リスナーからの投稿用アプリを作ってAppStoreに登録しようとしたら、掲載基準に合わないと登録を拒絶された。
理由は、「男女の入力欄があるが、これは投稿に不要である」というもの。

不要っちゃ不要だけど、その情報があった方が、パーソナリティにとっては話が広げやすいシーンも多いはず。
とはいえ、昨今の、性差意識の考え方すれば「性別を、男か女かどちらかしか入力できない」ことで悩み苦しんでしまう人がいるということは当然、容易に想像できることなわけで、ラジオ番組構成にしても、パーソナリティにしても、そういった「話の広げやすさ」が潜在的な性差別を生んでしまうことも考えて、それを乗り越えて番組作りをしていかなければならない時代になっているとも言えるわけで。

この問題はおそらく、ゲーム作りにも影響があると思っていて、例えば「あなた自身が主人公です」ということを言っているドラクエシリーズでは、主人公のプロフィール入力で主人公の性別の入力(男か女か)を求められる事が多いです。
「あの男女入力さえなければ楽しいゲームなのに」みたいに言われているのかもしれません。それさえなければ無邪気に楽しめるのに…と、苦しい思いをしている人もいるのかもしれません。

エンターテイメントの世界も無縁ではない、というか、エンターテイメントの世界だから意識しないといけないのかもしれません。
そういえば、戦隊モノでも、昔は男:女=4:1の割合だったのが、3:2か2:3の割合でないとクレームが来るようになった時代があったとか。
現在では男女以外にも様々な性別を意識する人がいて、Facebookなんかでは、性別に50種類以上も選択肢があるとか、聞いたことがあります。
戦隊モノ5人に性別を考えたり振り分けたりするとしたら、もう、大変なことになりそうです。
とはいえ、そういう「性差を意識しなくて済むようなエンターテイメント」が求められているのかもしれません。

ちなみに、疑似シリーズで公開している「疑似RPG」でも、そういった入力を求められているシーンがあります。ゲーム内容に影響は一切無いため、その部分だけ取り除くことが望ましいですが、当時の開発環境はもうなくて、単純にその部分だけ取り除くことも難しいため、とりあえず公開終了とすることにしました。
別にAppStore版を出す予定があるわけでもないし、今後リニューアル予定があるわけでもないですが、そういったことでクレームが来て対応するのはイヤですし、そういったクレームの波が1900年代に公開した過去作品とかジョークソフトにも乗ってきて、「現在公開しているからヤバイ」とか言われるのもイヤですし。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2018年04月15日

6千万年経っても使えるデバイスとは… - イース8 (PS Vita) が終わった

イース8 (PS VIta)をプレイしていたわけですが、昨日、無事に終わりました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

攻略サイトは見ずに進めましたが、ゲームの進め方によって3種類のエンディング(真・ノーマル・バッド)が存在するとのことでした。ネタバレを防ぎつつ、ざっくり書くと、

真:女神が出てきて事情を説明してもらえ、彼女に再会できる
ノーマル:女神が出てきて事情を説明してもらえるが彼女には再会できない
バッド:真相は分からないまま

とのことで、今回観たのは「真」のエンディングだったようで。
ただ、ちょっと頑張って進めれば「真」のエンディングを観るのはさほど難しくなく、むしろ観るのが難しいエンディングは「バッド」なのだとか。普通逆だろ的な感じがしなくもないですが、昨今のゲームゆとり事情を考えれば、当然っちゃー当然ですね。

ゲームテンポの良さと、プレイしていて得られる爽快感は、やっぱり積み重ねのあるゲームシリーズでした。
前半は、怪物に襲われて乗船していた船が破壊され、無人島に辿り着いて、そこから脱出するためにひたすらがんばる話。
脱出するには、島の中央にそびえ立つ大きな山を越えないと進めないことがわかる。
後半は、島の中央を越えたところで、どうやらその島にはすげぇ秘密が眠っていることが分かり、その秘密を明らかにしたり、世界を救うために頑張ってみたりする話。

まさか無人島から脱出するだけかと思っていたら、世界レベル・人類全体レベルの危機に見舞われて、それを救うって話までエスカレーションしてしまうとは…、このゲームに一つ苦言を呈するならば、話のエスカレーションの仕方がデカすぎて、親近感がわきづらかったところでしょうかね。

物語の後半で、色んなことが立て続けに起きるくらいは、良かったんですけどね。
<以下、ネタバレあり>




続きを読む
posted by ayacy at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2018年04月03日

何年越しかに観る「インターステラー」

最初に「観たい」と思ってからだいぶ経って、ようやく「インターステラー」を観ました。
レンタルで。

interste.JPG

最初に観たいと思ったのは、「宇宙と素粒子の夜」というポッドキャストを聞いたときなので、数年前のことだったか。
相対性理論に忠実に計算してコンピュータ・グラフィックスで描いたブラックホールの見た目が描写されているというもの。

このときは観たいなと思った物の、時間的な制約から観ることができていませんでした。

その後。
2018年3月24日の「ポプテピピック」で、インターステラーを観ていれば、元ネタがそれだと一目で分かるシーンが出てきたとかで。
ああ、とっとと観ておけば良かった!と後悔しまして。
それで、改めて観たいと思い、観ることにしました。

この映画は、ブラックホール以外にも、現時点での最新の理論に基づいた、正確な描写があちこちにされているとのこと。
ただの映画の面白さだけを追求するのではなく、そういった、科学的な、「現時点での最新の理論に基づいた正確な描写」を追求するというのも、なかなか面白いアプローチですね。


続きを読む
posted by ayacy at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画