2018年04月03日

何年越しかに観る「インターステラー」

最初に「観たい」と思ってからだいぶ経って、ようやく「インターステラー」を観ました。
レンタルで。

interste.JPG

最初に観たいと思ったのは、「宇宙と素粒子の夜」というポッドキャストを聞いたときなので、数年前のことだったか。
相対性理論に忠実に計算してコンピュータ・グラフィックスで描いたブラックホールの見た目が描写されているというもの。

このときは観たいなと思った物の、時間的な制約から観ることができていませんでした。

その後。
2018年3月24日の「ポプテピピック」で、インターステラーを観ていれば、元ネタがそれだと一目で分かるシーンが出てきたとかで。
ああ、とっとと観ておけば良かった!と後悔しまして。
それで、改めて観たいと思い、観ることにしました。

この映画は、ブラックホール以外にも、現時点での最新の理論に基づいた、正確な描写があちこちにされているとのこと。
ただの映画の面白さだけを追求するのではなく、そういった、科学的な、「現時点での最新の理論に基づいた正確な描写」を追求するというのも、なかなか面白いアプローチですね。


続きを読む
posted by ayacy at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画