2018年04月15日

6千万年経っても使えるデバイスとは… - イース8 (PS Vita) が終わった

イース8 (PS VIta)をプレイしていたわけですが、昨日、無事に終わりました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

攻略サイトは見ずに進めましたが、ゲームの進め方によって3種類のエンディング(真・ノーマル・バッド)が存在するとのことでした。ネタバレを防ぎつつ、ざっくり書くと、

真:女神が出てきて事情を説明してもらえ、彼女に再会できる
ノーマル:女神が出てきて事情を説明してもらえるが彼女には再会できない
バッド:真相は分からないまま

とのことで、今回観たのは「真」のエンディングだったようで。
ただ、ちょっと頑張って進めれば「真」のエンディングを観るのはさほど難しくなく、むしろ観るのが難しいエンディングは「バッド」なのだとか。普通逆だろ的な感じがしなくもないですが、昨今のゲームゆとり事情を考えれば、当然っちゃー当然ですね。

ゲームテンポの良さと、プレイしていて得られる爽快感は、やっぱり積み重ねのあるゲームシリーズでした。
前半は、怪物に襲われて乗船していた船が破壊され、無人島に辿り着いて、そこから脱出するためにひたすらがんばる話。
脱出するには、島の中央にそびえ立つ大きな山を越えないと進めないことがわかる。
後半は、島の中央を越えたところで、どうやらその島にはすげぇ秘密が眠っていることが分かり、その秘密を明らかにしたり、世界を救うために頑張ってみたりする話。

まさか無人島から脱出するだけかと思っていたら、世界レベル・人類全体レベルの危機に見舞われて、それを救うって話までエスカレーションしてしまうとは…、このゲームに一つ苦言を呈するならば、話のエスカレーションの仕方がデカすぎて、親近感がわきづらかったところでしょうかね。

物語の後半で、色んなことが立て続けに起きるくらいは、良かったんですけどね。
<以下、ネタバレあり>




続きを読む
posted by ayacy at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム