2018年05月20日

最近、出身大学の名前が悪いニュースで連呼されててイヤだ

最近、「消息筋」という言葉を聞かなくなった代わりに、「関係者」という言葉をよく聞くようになりました。

取材源を秘匿するため、あえて名前や立場を明かさないまま、出来事や事件に関わりのある人物の発言をニュースとして報じるために使われるのだと思っていますが、もしかすると、ニュースを構成するスタッフが、自らの構築したシナリオや憶測を報じる上で、真実みを持たせようとするために使用するレトリックというか、技法というか、欺瞞というか、そういったものかもしれません。

日本大学のアメリカンフットボールチーム「フェニックス」の選手が、関西学院大学の選手にルール違反のタックル…というか犯罪的暴行を加えた事件。

先日の朝のラジオ番組で、自らもアメフト経験を持つアナウンサーが非常に憤って、ニュースを語っていました。
それでも冷静に、言葉を選んで、慎重に。

マズイのは、日本大学側が記者会見を開くなどの情報発信を避けているように見えること。
それにより、様々な憶測記事が「関係者の発言」の名の下にあちこちから発信されていること。
日本大学関係者は、日に日に状況が悪くなっているのが見えていないのか。
あるいはその監督というのが日大の理事も勤めるくらいのエラい人なので、物申すことができなくて行動できないのか。
日大には危機管理学部なる学部が存在するそうですが、ぜひともこの危機を管理して欲しいですね。でも、理事相手では危機管理もできませんかね。

憶測記事の一つによると、監督が「自分が責任をとるから、相手選手を壊してこい」的なことを言ったとか。でも、こんな大事になったし、どう責任をとるんでしょうかね。仮に相手選手から訴えを起こされて逮捕されたりした場合、監督が代わりに逮捕されてやるなんてできないでしょうし。今後の就職活動に影響が出たらどうするんでしょう。監督は今後一生分の生活非保証でもしてやるんでしょうか。まぁ、憶測記事なんでアテにならない言葉かもしれませんが。

言葉と言えば、試合直後の発言が、暴力行為を是認していたと捉えられかねないから、「発言を撤回する」とか言っていたとか。これ、撤回したところでどうにかなるんですかね。結局、この試合の中で暴力行為を是認していたから出ちゃった発言なのなら、その後撤回しようとなんだろうと、その時、思っていたことや行動(暴力行為の指示?黙認?)が消えるわけではないんだし、全然意味がないと思うんですけどね。

最近、政治家とか官僚とかが、「発言を撤回」することで事態の収束を図ろうとしていると思われるニュースが聞こえてきますけど、そのマネをしたんでしょうか。あまり効果的ではないことなので、マネしない方が良いとおもうんですけどね。

昨日、監督辞任のニュース速報が流れていました。
まぁ、辞めるのは仕方ないとして、辞めただけで、暴力行為、あるいは、暴力指示?が消えてなくなるわけではないでしょうから、これで幕引きを図れると思うのなら、間違いでしょうね。
(これもまた、最近の官僚のやり方をマネたんでしょうかね)

先のアナウンサーの方もおっしゃっていましたが、アメリカンフットボールは、そもそも生命に危険が及ぶこともあるスポーツであるということから、危険が発生しないようにするための知識の蓄積、防止策の検討というのを、これまでも長い年月をかけて行っているスポーツなのだそうです。そのため、こういった、それらをぶち壊すような暴力行為が(意図的に?)行われてしまったことについては、非常にショックな出来事なのだそうです。

関西学院大学の方も言っていましたが、今後、本事例は、再発防止のための原因究明が進められていかなければならないでしょう。暴力行為が行われた理由、あるいは、暴力行為が行われるよう指示、あるいは、そそのかし?忖度?が図られたのなら、その背景。そういったものが検討され、危険なスポーツの危険度が少しでも減っていくよう、努力をしていくことが必要です。日大「関係者」には、その協力を惜しんでもらいたくないものです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記