2018年06月13日

H(マルキュウ)がなんなのかも知らずに、純粋に、ただ純粋に

3歳の息子が、「京葉線教室(の動画をYouTubeで)みたい」とよく言うようになりました。
まぁ、その度に見せてあげるんですが………。

ふと、以前「神主(東方Projectの原作のZUN氏のこと)のことも知らずに東方同人で遊んでいるやつが増えてきた」みたいな話を聞いて、そんな時代も来たんだなぁと思ったことを思い出しました。

間違いなくこの子は、神主はおろか、東方Projectも知らないし、東方の同人も知らないし、H(マルキュウ)もチルノも知らないし、「ゆっくり」も知らないし、そこら辺の歴史の積み重ねも何もかもしらないのに、東方同人関連作品を見て楽しんでいるんだなぁ、と。

ちなみに、今見ているのは『「ゆっくりが歌う」JR東日本のパーフェクト京葉線教室』という動画。
歴史の積み重ねを紐解いていくと、

  • 東方ProjectがWindows版になって最初に出した作品「東方紅魔郷」の2面のボス「湖上の氷精 チルノ」が登場する。BGMは「おてんば恋娘」。作者曰く…能力:冷気を操る程度の能力。「頭の方はあまり良くありません」
  • 東方Project第9弾作品「東方花映塚」の付属マニュアル中の画面説明の中で、画面右側の相手側キャラクターとして「チルノ」が映っているが、そこに解説用の番号H(丸数字の9番)が振られ、解説欄には「バカ」とだけ書いてある。これ以降、「チルノ=H(マルキュウ)=バカ」という、暗黙知がファンの間で共有されるようになる。
  • 東方Projectのキャラ「霊夢」「魔理沙」を縦に潰したようなキャラが「ゆっくりしていってね!」と書かれた絵が、ある時期から急にネット上で見られるようになる。たぶん、テキスト・トゥ・スピーチな声で「ゆっくりしていってね」という声が振られるようになって(?)、あの顔、あの声のことを指して、略して「ゆっくり」と呼ぶようになった(んだと思う)。
  • 東方系同人作品(歌、アニメーション)で「チルノのパーフェクトさんすう教室
  • H=マルキュウ、電車の209系=ニ&マルキュウ

(間違っていたらゴメンナサイ)
たぶん、こういう積み重ねを知っていないと、関連事項を容易には追えないはず。何も知らないと、考古学者が砂漠を掘り返して古代遺跡を発掘するような気分を味わうはず。

もし将来、3歳息子が同人ゲームをプレイするようになって、東方Projectに触れることがあって、これらを追っていって「3歳の時に見ていた、あの動画に繋がる!」と理解する瞬間が訪れるなら、ぜひその場に居合わせたいものです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト/同人誌

2018年06月12日

更新履歴の書き方について思うこと

iOSのAppStoreでの、各アプリのアップデート履歴を見てみると、更新履歴の書き方は人それぞれだなぁと思えてきます。

  • いくつかの操作性を改善しました」(Yahoo!乗換案内/ver.7.1.1)
  • バグの修正とパフォーマンスの改善」(GMail/ver.5.0.180520)
  • Twitterをより快適に利用できるよう細かい更新を加えました」(Twitter/ver.7.25)
  • Minor bugs fixed」(EzCast/ver.2.6.3)
  • 軽微な修正」(マクドナルド/ver.4.0.25)

のような、何も伝える気ねーだろ!と突っ込みたくなるようなことが書いてあるものもあれば、Facebookアプリやマイクロソフトの各種アプリのように、更新内容を事細かに書いているものもあって、ほんと、十人十色です。

で、今回気になったのがコレ。iPhoneでSSH接続をするために使用しているソフト。

yukaina_kousin.jpg

「やぁみなさん!」から始まり、途中に顔文字まで出てくる。非常にフレンドリーな書き方。
挨拶文から始まるのって、なかなか無いパターンな気がする。
でも、こういうのは大切にしていってほしい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2018年06月11日

台風が近づくと腰が痛くなる、台風が近づくとアプリに不具合が起きる

まだ6月も始まったばかりですが、すでに日本近海にやってきている台風(5号)がいるそうで、今日の雨はその影響を受けたモノなんだそうで。大雨、突風なんて話もニュースで聞こえてきていますので、予報に注意しながら行動しないといけませんね。

台風(正確には低気圧)が近づくと腰が痛くなる、体調が悪くなる、なんて話を聞いたことはありますが、台風が近づくとアプリに不具合が起きるという話は、初めて聞いた気がする。
taihu_sekkin.jpg

台風が近づいてきた時ほど、こういったアプリを見たくなるもんだと思いますが、逆にアプリが不具合を起こすのは…ちょっと勘弁して欲しいですね。

まぁ、真面目に考えてみることにしまして、記述通り「iOS10以下で…」発生する不具合ということなので、iOS11ならばこの不具合は発生しないのでしょう。iOS11の時に使用している通知の方式と、iOS10の時に使用している通知の方式が違うんでしょうかね。微妙に違うのに、内部的に共通で動作しようとしていて、おかしなことになっているのか。

あるいは、通知の方式は同じはずなのに、iOS10側に不具合があって落ちてしまうということも考えられます。
iOS11ならば修正される不具合でも、iOS10以下は放置されることになるでしょうから。この場合、本来は同じ方式のはずなのに、アプリ側でOSのバージョンごとにやり方を変えなければならなくなりますので。

いずれにせよ、過去のiOSバージョンでのテスト不足ということになるのだと思います。
ただ、iOSみたいに、基本的にバージョンアップが無料で出来てしまうような環境だと、過去のバージョンのiOSにどこまで付き合ってやるのか、作成サイドとしては非常に悩ましいところでしょうね。

私も過去に、フリーソフトを作っていて、Windows 95などの古いOSにいつまで対応するのか、悩んでいたことがありました。
Windows 95のサポートを打ち切ったとき、なかなか辛辣なメッセージを寄せてきた人もいたものです。
実際のところ、作成に用いているVisual Studioの制約により対応を打ち切らざるを得なくなるタイミングがくるので、その時がサポート対象外になるタイミングでした。

最近は、Windows XPのサポート打ち切りに関する話題をきっかけに、ソフトウェア側からのサポート打ち切りに対する見方がだいぶ緩やかになってきました。OSを古いままにしておくことは、セキュリティ的な観点から、利用者側の落ち度とみなす風潮が出てきました。

まぁ、現場としては、マシンスペックの問題や、利用施設特有事情(図書館所蔵コンテンツの閲覧のためにPCを置いているが、古い雑誌付録のソフトウェアがバージョンアップされるわけもなく、古い環境が必要とか)から、なかなかそうもいかないこともあるようですが、それでも現代は、過去バージョンのサポート打ち切りに対しては、色々やりやすい、理解されやすい時代になったと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記