2018年08月19日

本日のコミティア125 Y16bで神緒のべるずコミカライズ版第五話を頒布し/と、暴れん坊将軍

昨日の続き。

8月19日(日)のコミティア125、Y16b「-Yuzu R.-」で「神緒のべるず コミカライズ版 第五話」を頒布します。
前回、途中までの版(準備号)を頒布しましたが、今回は完成版をお持ちします。

↓↓コミカライズ版を執筆している柚河早希さんの公式ブログの方に詳細が書いてあるので、詳しくはこちらで↓↓
20180819_kamionovels_comic4-3.jpg20180819_kamionovels_comic4-2.jpg

第五話(原作小説版へのリンク)は、江戸時代にタイムスリップした話ですが、この話を書いた際に強く意識したのは、暴れん坊将軍ですね。
松平健さんが演じてた、暴れん坊将軍。

大学4年のとき、午後の講義と卒業研究のみの生活をしていたため、夜更かし&朝はゆっくり起床の生活をしていました。
完全に堕落した生活です。

当時(2002年ごろ)、暴れん坊将軍シリーズの再放送は午前10時ごろから放送されており、朝ゆっくり起床してテレビをつけると、暴れん坊将軍シリーズの再放送を見ることができたんですね。

見たことのある方はご存じかと思いますが、暴れん坊将軍シリーズには、ストーリーの流れに強いフォーマットが存在し、だいたい何時何分頃に起承転結が訪れ、上様が成敗を始め、成敗が終わるのかが決まっています(たぶん)

なので、朝の準備時に暴れん坊将軍シリーズを見るというのは、時計を見ながら行動することに等しいのです(たぶん)
朝起きて、朝ご飯を食べたりしながら暴れん坊将軍シリーズを見ながら出発の準備をし、午後の大学の講義に向かう、実に規則正しいスケジュールによる生活を送ることができていました(たぶん)

今、暴れん坊将軍シリーズは、早朝の「おはよう!時代劇」の時間帯(朝4時〜)に放送しているそうです。
早朝にお出かけするサラリーマンの方々の、朝のスケジュールの強い味方になっていることでしょう。

あるいは、夜更かしをする大学生諸君にとって、就寝までの時間の良きカウントダウンになっているのかもしれません。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト/同人誌

2018年08月18日

8月19日(日)のコミティア125 Y16bで神緒のべるずコミカライズ版第五話を頒布します(前半)

8月19日(日)のコミティア125、Y16b「-Yuzu R.-」で「神緒のべるず コミカライズ版 第五話」を頒布します。
前回、途中までの版(準備号)を頒布しましたが、今回は完成版をお持ちします。

20180819_kamionovels_comic4-1.jpg20180819_kamionovels_comic4-4.jpg

第五話(小説版へのリンク)は、「おるる」が登場する回ですね。

元々の作品である葦葉製作所のシューティングゲーム「巫女ブラスター2」でも、原作小説登場時と前後して、隠しプレイヤーとして「おるる」をこっそり追加しました。

「おるる」はそもそも、別サークル「神奈川電子技術研究所」のゲームのキャラクターとして登場した経緯があります。
フルネームでは「神緒おるる」なのですが、それよりも前に葦葉製作所のシューティングゲームで「神緒 睦/楓」の三姉妹が登場していて、「神緒おるる」には彼女らのご先祖様という隠し設定がありました。(次女「神緒 巴」については、省略しますね)

なので、逆輸入のカタチで、葦葉製作所のシューティングゲームの取り込んだのが、ここで登場する発端となります。

サークルを跨いで登場キャラクターが物語を織りなすってのは、制作者側としては、なかなか面白かったです。
購入者にとっては、ちょっと混乱したかもしれませんけどね。ってか、そこまで深いこと考えないか。


明日へ続きます。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト/同人誌

2018年08月17日

とうとうこのときが来た。ポケモンスタンプラリーで夏休みが費やされる日

子ども達がスタンプラリーに興味を持ってしまい、かわいいねこちゃんのスタンプが押したい、ということで、ポケモンのスタンプラリーに行ってくることにしました。

pokemon_sl_20180813.jpg

ちなみに、かわいいねこちゃんとは、日暮里駅にいるニャビー。
pokemon_sl_neko_20180813_s.jpg

ちなみに我が家では、親子共々ポケモンを見ていないので(ゲームとしてプレイしたこともないので)、まぁ、企画があって暇つぶしとして参加している感じ。

ラジオを聞いていたら、タレントの伊集院光さんが御朱印帳を片手に全国のスタンプをひたすら押しまくっているという話が入ってきましたが、その気分が少しでも味わえるかなぁと。まぁ、こっちは電車を使っているので、ルールは少し違いますが、通勤定期券範囲内を未就学児と共に回っているので、タダでスタンプを集めているという意味では同じルールか。

とりあえず、何日か掛けて、近場を回って6匹集めれば第一ゴールに達することができるみたいなので、そこを我が家のゴールということにしようかと。

ところで、ポケモンスタンプラリーは、大きい意味では夏休みの暇つぶしにちょうど良いのですが、電車に乗っている時間が(3歳児や5歳児にとっては)長いため、電車に乗っている間の(小さい意味での)暇つぶしが必要になります。

うちは金欠なので、スマホ育児はWi-Fiのある環境でしかさせてあげられないので、電車の中ではスマホ育児ができない。
まぁ、窓の外を見せたり、あれこれ言いくるめたり、しりとりしたり、お昼ご飯に何を食べようか話したり、…まぁ近場の駅だからこれで済みますけどね。もうちょっと遠い駅に行くことになるんだと、ちょっと話題が足りないなぁ。

まぁ、遠い駅に行って全駅制覇するほどのポケモンマスターになるなら、3DSを持ってゲームしながら自力で回るんでしょうから、問題ないか。




posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記