2018年08月04日

小学生の自由研究ってユーチューバー体験やらせるんか

先日、娘の雑誌購入に付き合って本屋にったんですが、幼稚園児向けの雑誌に、普通に、カードキャプターさくらが載ってました。今は本当に2018年なのか…!?

ccsakura2018.jpg

それはさておきまして、児童書のコーナーを見てみると、夏休みの自由研究のネタの本がいくつか売っていました。
「掴める水を作る」キット付きの本だったりとか、「電子工作でLEDをチカチカさせる」(いわゆるLチカ)体験が出来るキット付きの本だったりとか、色々。

ただその中に、気になった本がありました。
夏休みにユーチューバー体験をやろう!という。
動画を撮影するための機材とか、撮り方とか、公開の仕方とか。
今の小学生は、一夏の体験でユーチューバーになっちゃうのか。憧れの職業「ユーチューバー」に。

ふと後ろを見てみたら、ネットのリテラシーを解説する小学生向けの本やら、あこがれのお仕事「ユーチューバー」になるには?を解説する小学生向けの本やら。
youtuber_js.jpg

さすがデジタルネイティブの生きる時代。僕が生きてきた時代はだいぶ、違ってきているんだなぁ、と。
うちの子が、夏休みの自由研究でユーチューバーをやりたいとか言い始めたら、どうしよう。録画機材を購入して、編集ソフトを揃えて……、と、親も一通り知っておいた方が良いんだろうか…。

娘がよく見ているカリスマ小学生ユーチューバーのチャンネル(九州の人達らしい)では、彼女らのママさんが凄まじいテクニックで動画編集・テロップ入れをしているのを見るんですが、さすがにああいう神憑った編集とか、ちょっと無理だぞ…。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |