2018年08月19日

本日のコミティア125 Y16bで神緒のべるずコミカライズ版第五話を頒布し/と、暴れん坊将軍

昨日の続き。

8月19日(日)のコミティア125、Y16b「-Yuzu R.-」で「神緒のべるず コミカライズ版 第五話」を頒布します。
前回、途中までの版(準備号)を頒布しましたが、今回は完成版をお持ちします。

↓↓コミカライズ版を執筆している柚河早希さんの公式ブログの方に詳細が書いてあるので、詳しくはこちらで↓↓
20180819_kamionovels_comic4-3.jpg20180819_kamionovels_comic4-2.jpg

第五話(原作小説版へのリンク)は、江戸時代にタイムスリップした話ですが、この話を書いた際に強く意識したのは、暴れん坊将軍ですね。
松平健さんが演じてた、暴れん坊将軍。

大学4年のとき、午後の講義と卒業研究のみの生活をしていたため、夜更かし&朝はゆっくり起床の生活をしていました。
完全に堕落した生活です。

当時(2002年ごろ)、暴れん坊将軍シリーズの再放送は午前10時ごろから放送されており、朝ゆっくり起床してテレビをつけると、暴れん坊将軍シリーズの再放送を見ることができたんですね。

見たことのある方はご存じかと思いますが、暴れん坊将軍シリーズには、ストーリーの流れに強いフォーマットが存在し、だいたい何時何分頃に起承転結が訪れ、上様が成敗を始め、成敗が終わるのかが決まっています(たぶん)

なので、朝の準備時に暴れん坊将軍シリーズを見るというのは、時計を見ながら行動することに等しいのです(たぶん)
朝起きて、朝ご飯を食べたりしながら暴れん坊将軍シリーズを見ながら出発の準備をし、午後の大学の講義に向かう、実に規則正しいスケジュールによる生活を送ることができていました(たぶん)

今、暴れん坊将軍シリーズは、早朝の「おはよう!時代劇」の時間帯(朝4時〜)に放送しているそうです。
早朝にお出かけするサラリーマンの方々の、朝のスケジュールの強い味方になっていることでしょう。

あるいは、夜更かしをする大学生諸君にとって、就寝までの時間の良きカウントダウンになっているのかもしれません。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト/同人誌