2018年08月28日

夏休み最終日に銀魂2を観てきたんですが…ヤバいな(褒め言葉)

ちょうど先週の日曜日、銀魂2の実写映画を観てきました。
gintama2_20180819.jpg

銀魂は、漫画原作作品の実写化としては、成功している作品という認識だったんですが、今回のはヤバイな(褒め言葉)。
ヤバイ(褒め言葉)。
観客席からは、かなり笑い声が聞こえてきていましたし、僕自身の笑ってしまっていました。

アクションシーンのかっこよさと、ギャグっていうか、極端にヤバいパロディを、こう同居させてきたか、と。
元ネタを知っていなければならない、ハイコンテクストなネタが満載だったわけですが、中には日本人なら万人が知っているであろうネタも多いので、安心してよいですね。あ、何を安心すれば良いんだ…?まぁいいや。

佐藤二朗さんとムロツヨシさんのセリフは、あまりにハイコンテクストすぎて、通じづらい人もいるかもしれない。
まぁこればっかりは、慣れてくれと言うしかないわな。

三浦春馬くんは、かっこよかった。
彼の登場シーンは、終始シリアスなシーンのみで。この映画のシリアスパートの大部分を担っていました。
ファンはたまらんだろうなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画