2018年09月04日

ようやく観られた。今年のドラえもんの映画。のび太の宝島。

本日ようやく、今年の春のドラえもんの映画「ドラえもん のび太の宝島」を観ることができました。
doraemon_takarajima.jpg

事前に聞いていた情報だと、子どもにも楽しめて、さらにストーリーの奥深さから、大人にも楽しめる作品になっている、けっこう素晴らしい作品、とか。

2017年春の、「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」が、個人的には大人にも奥深さを感じる良作だと思っていたこともありまして。

で、実際に観てみますと。
子どもにとっては良作だと思います。
父子の話が題材になっていることもあり、子育て世代にも刺さる映画かもしれません。

が、伏線回収しきれていなくて、終わりがなんだかモヤモヤします。
もうネタバレありで良いと思うんですが、
  1. 未来を見てきて、地球が滅びることを知って、対処しようとする父
  2. 父の対処方法があまりにムチャなので、止めようとする息子
  3. その対処方法は、ドラえもんたち現代の人々にとってもかなりの厄災を引き起こすこともあり、息子を支援するドラえもんたち
  4. 結果、息子が父に勝つ
  5. 父は息子のエンジニア力の高さを評価して、ハッピーエンド
うーん…。
「1」が解決されないまま終わってるんですよね。
とりあえず、「人間には未来がないことが約束されました」って終わり方は、映画ドラえもん的な終わり方としてはどうなんでしょう。
モヤっとします。

大人にとっては、少なくとも自分にとっては、モヤっとする評価かなぁ。

「南極カチコチ大冒険」のときは、少なくともこういうモヤッとさは、無いか、あったとしても最小限に抑えられていたと思うんですよね。
こういうデカイレベルでモヤッとさが残されるのは、ちょっとなぁ。全体評価に影響を与える気がするなぁ。



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画