2018年10月09日

Windows 10をアップデートするとユーザーファイルが消えるとかいう恐ろしい話

Windows 10を「October 2018 Update」にアップデートすると、一部の環境で一部のユーザーファイルが消える問題が発生したとかで、戦々恐々としております。


この記事を書いているのは10月7日なのですが、現時点でマイクロソフトは問題を認識し、アップデートの配信を中止したとのこと。
こちらのメイン環境は、先日アップデートを行ってしまったので、ファイルが消えているのかもしれません。

どうやら「マイ ミュージック」や「マイ ビデオ」などのライブラリフォルダに保存していたユーザーファイルが消失し、(ユーザーが独自にバックアップしていなかったならば)ファイルは復元不能という、コンピュータウィルス(や、一部ウイルス対策ソフト)もビックリの大バグです。

こちらの環境でも「マイ ミュージック」は利用していますので、ファイルが消えてしまっているのか…怖いです。
該当環境では、全てのファイルが消えてしまうのか、一部のファイルが消えてしまうのか?

いちおう、複数個のファイルが残っていることは確認できていますが、一部が消えてしまっているのなら、探すのは厄介かも。
バックアップの取得は行っていますが、それを復元して比較して確認するのは面倒くさいですね…。

一昔前、Windowsのバグというと、不安定でフリーズするとかだったけど、最近のWindowsのバグはユーザーのファイルが失われるとかだから、タチが悪い。ちょっと品質の悪さを改善するために、頻繁すぎるアップデートの社内プロセスを見直すべき時に来ているのではないかな?

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC