2018年11月30日

注意喚起の差替えについて:突然無関係なサイトが表示される現象への注意

ここ数年、トップページやお知らせページの上の方にデカデカと、に「初心者さんお断り」という注意書きを掲示していました。
というのも、自称初心者からの質問で悩まされることが多かったので。
(今日はそれが主題ではないので多くは語りませんが、たぶん、皆さんが想像している以上に、「自称初心者」からの質問受けは大変なのだとご理解ください)

でも最近は、そんな初心者さんからのメッセージは皆無になりました。
おそらく、PC用フリーソフトに初心者メッセージを送っていたような人は、スマホやタブレット向けのアプリに初心者メッセージや低評価★付けを行うようになったのでしょう。

で、今日の主題はそっちではなくて、代わりに掲示した方について。
このブログの上にも掲載しましたが、もっと緊急度の高い注意書きを掲示することにしました。


【ご注意】
当サイトを含む、広告表示を行うサイトにおいて、突然無関係なサイト(Googleを偽り景品当選を告知するもの、コンピュータの異常やウイルス感染を警告するもの等)が表示された場合、それは詐欺広告の可能性が高いため、何もせずに閉じるようにしてください。Impress Watchによる注意喚起がわかりやすいです


おそらく、Google Adsを含む広告ネットワークの一部が汚染されているようなのですが、当サイトに限らず、いきなり無関係なサイト(Googleを偽り景品当選を告知するもの、コンピュータの異常やウイルス感染を警告するもの等)が表示されることが多々出てくるようになりました。

昔は、R指定なサイトを閲覧している場合に、こういうものがでてくることが多くなりましたが、普通にニュースを読んでいたり、マインクラフトのWikiを参照していたり、ごく普通の行動をしているだけでも、このようなサイトが表示されるようになりました。

一昔前の、ダウンロードボタン型詐欺広告みたいなものかもしれませんが、いきなりページ遷移が発生してしまうのが今回の特徴です。
おそらく、JavaScript等の動的ページ技術が悪用されているのかもしれません。(JavaScriptが原因かどうかは分かりません。想像の域です)

直感的に、広告表示を止めれば、こういった被害はでなくなるのだと思いますが、それはサイトの継続にダイレクトに影響することになりますので(つまり収益がなくなってサイトが維持できなくなる)、簡単に止めることはできません
(そういうこともあって、対策のための有効な手段の一つは、広告ブロックアドオンの導入ということになるのですが、それもやっぱりこのサイトの継続にダイレクトに影響する(つまり収益が減ってサイトが維持できなくなる)ため、おいそれとお勧めすることもできません

以前にGoogle Adsの検閲技術向上で、詐欺広告の一部が駆逐されたことがありましたが、それと同様に、Google Adsによってこういった悪質広告も駆逐されてくれないかなと、ただただビクビクしている状態です。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2018年11月29日

最近聞いたショックなニュース:元貴乃花親方が離婚していた

元貴乃花親方が離婚していた。最近聞いたショックなニュースでした。

個人的にはちょっとショックだったニュース。
ここのところ、元貴乃花親方を取り巻くニュース、とくに相撲協会の不祥事や、同協会の黒い部分と関連したニュースが多かった。
元貴乃花親方がヒーローで、協会が悪なのか。
なかなかそれも明確にならない。元貴乃花親方が口べたすぎるのか。

ちょっと前に、この件で母親と会話したことがあった。

曰く、相撲のような「黙して語らず」「言いたいことは相撲で表現」のような文化で長く育ってしまったために、物事をうまく表現できないまま育ってしまったので、深刻な口べたになっているのではないか、と。

さもすると日本の美徳とも言われがちな「黙して語らず」だけど、こういった事件報道の際にも貫かれてしまうと、よくわからなくなる。

そして、「黙して語らず」は夫婦関係にも、良い影響は及ぼさないはず。
そのため、元貴乃花親方のように、趣味=仕事=相撲がうまくいかなくなって、夫婦関係もうまくいかなくなってしまうと、それを修復するための突破口の一つである「会話」がうまくできない関係だと、もうどうしようもなくなってしまうのかもしれない。

「夫婦関係を卒業」というとかっこよく聞こえるのだが、、、ちょっとさみしい。

(追記:後から聞いた話だと、夫婦間では(結婚前、あるいは結婚当初は)黙していたわけではなかったという情報もあり)

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月28日

顎を切っちゃった

深夜から早朝にかけて資料準備をしていて、かつ朝のゴミ出しもあり、そのまま忙しく出社したせいか、尿路結石対策でいつも持参している水筒を忘れてきてしまいまして。
それだけならよくあるのですが、毎朝の髭剃りを忘れてしまいました。

「今日は客先に行く日だから、流石に髭面はマズイな」と思い、コンビニで(手動)髭剃りを買って、会社のトイレで髭を剃っていたら、間違ってプシャーっと顎を切ってしまいまして。
とりあえず止血して、絆創膏で止めて。

なんだか血がじわーっと滲んできたので、マスクで隠して。

半日くらい経過して、そろそろ剥がしてもいい頃かなと思って剥がしたら、かさぶたごと取れて、また血がプシャー。
流血の一日でした。

では、どうすることが正解だったか。
手動の髭剃りを使うのは、高校生の時以来なので、20年ぶりくらい。
そういう珍しい事はしないほうがよかった。

そして、一日分くらいの髭面でも、顧客は失礼だなんて思わないだろう。むしろ、多少の苦労が演出できて良いくらいかもしれない。なんなら、そのままヒゲの人としての認知されるのも、悪くなかったかもしれない。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記