2018年11月28日

顎を切っちゃった

深夜から早朝にかけて資料準備をしていて、かつ朝のゴミ出しもあり、そのまま忙しく出社したせいか、尿路結石対策でいつも持参している水筒を忘れてきてしまいまして。
それだけならよくあるのですが、毎朝の髭剃りを忘れてしまいました。

「今日は客先に行く日だから、流石に髭面はマズイな」と思い、コンビニで(手動)髭剃りを買って、会社のトイレで髭を剃っていたら、間違ってプシャーっと顎を切ってしまいまして。
とりあえず止血して、絆創膏で止めて。

なんだか血がじわーっと滲んできたので、マスクで隠して。

半日くらい経過して、そろそろ剥がしてもいい頃かなと思って剥がしたら、かさぶたごと取れて、また血がプシャー。
流血の一日でした。

では、どうすることが正解だったか。
手動の髭剃りを使うのは、高校生の時以来なので、20年ぶりくらい。
そういう珍しい事はしないほうがよかった。

そして、一日分くらいの髭面でも、顧客は失礼だなんて思わないだろう。むしろ、多少の苦労が演出できて良いくらいかもしれない。なんなら、そのままヒゲの人としての認知されるのも、悪くなかったかもしれない。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記