2019年01月28日

「来る」という映画が不振だったそうで。個人的には楽しめたけど……、宣伝不足では?

去年末に「来る」という映画を観てきた話を書きました。個人的には楽しめたのですが、世間的には、評価はあまり高くないらしい。先日のニュース記事で、今期の東宝の不調の一つとして紹介されていました。

記事の中では、作品の内容が不評のようなことが描かれていたのですが、ある人の意見として「来る」というタイトルでは検索エンジンでヒットしづらいのではないか?ということが述べられていました。

たしかに、普通の単語すぎて、検索してもノイズが激しすぎる。

検索でヒットしやすいかどうかを指す言葉として「ググラビリティ」(Googlability)という言葉があるそうで、その言葉を使って説明されていました。人々が検索しようとしても、「来る」という一般的すぎる単語では見つかりづらい。

Twitterで多数の人がつぶやいたとしても、「来る」は一般単語なので、トレンドワードに上がることがないのだとか。

ちなみに映画の原作は「ぼぎわんが、来る」というタイトルだそうなのですが、「ググラビリティ」(Googlability)的な意味では、その「ぼぎわん」という言葉を削除したのは失敗でしたね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年01月27日

〇〇キン 最近は良い意味?

少し前に、「小学校の担任の先生が、イジメを見逃していた」というニュースを見かけたことがありました。
その担任の先生は、イジメられている生徒が、「〇〇キン」と呼ばれていたことを聞いていたものの、有名ユーチューバーにあやかったものだと勘違いして、イジメられていると思わなかった、という言い訳をしていた、とか。

当時は、んなことあんのか!?と思ったものでした。
僕が小学校の頃は、「キン」とはだいたい「菌」なので、イジメそのものだろうがよ、と。
たぶん、その先生が小学生だった頃もそうだったんじゃないかな、と。

ただ最近、長女がHIKAKINさんやSEIKINさんの動画をよく観ているためか、長男が、自分の名前にキンを付けて「どうも、〇〇キンです!」とか名乗りながらユーチューバーごっこをするようになってきまして、いよいよそんな時代が来ているのかと。

ただ、イジメられっ子は単に「〇〇キン」と呼ばれていただけでなくて、その前後ではイジメられているであろう動きがあったんじゃないかな、と。そのあたり、面倒くさいことに巻き込まれたくない担任の先生が前後の文脈に目を瞑って、結果的にそういう言い訳をしたんじゃないかな、と。

もし自分の子供がイジメられっ子になってしまったとして、担任の先生がそういう言い訳をするような人だったら、嫌ですしね。


ところで、HIKAKINさんがそういうハンドルネームになったのは、自身の子供時代のニックネームに由来しているという話だったかと思います。本名はヒカルさんで、それをもじってヒカキン、だったかな。
このときにどういう意図で呼ばれ始めたのかは、ちょっと気になるところではありますね。
もしかして、いじめられていたんじゃないか、みたいな。
とはいえ、彼は「〇〇キン」という呼び名を、強い意志により、逆にヒーローの呼び名に変えてしまったんだとしたら、それはそれですごいことですね。

(なお、実兄のSEIKINさんは、実弟であるHIKAKINさんのもじり方を真似て、そのハンドルネームになったとのこと)


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月26日

今週のソフトウェア更新について詳細

今週は次の6つのソフトの更新を行いましたので、そのことについて取り上げたいと思います。

  • NumLockLock ver.1.40.09
  • マウスのお供 ver.1.58.08
  • マウスふるふる ver.1.12.07
  • コピペテキスト修飾除去 ver.1.54.05
  • 改行コード変換Lite ver.2.01.10
  • CaptureSaveAs ver.1.17a

ダウンロードはトップページから。

NumLockLock, マウスのお供, マウスふるふる, コピペテキスト修飾除去の4つについては、先週のCaptureSaveAsの更新時に実装していた点を考慮した「二重起動時のダイアログが起動時ダイアログと似ていて、警告ダイアログっぽさがアピールできていないため、警告アイコンを表示し、一般の警告音を鳴らすように」するという改修を加えています。
警告アイコンとは、中にエクスクラメーションマークの入った、黄色い三角アイコンです。
nmlklk_dlb_dlg2.png

改行コード変換Liteについては、出力ファイル名を入力ファイル名と同じにできないことの明記や、ヘルプの解説画像の差し替え、各機能実行後のサイズ変化の表示等を行うようにしました。
lclite_ss2.png

それと、本日は「CaptureSaveAs ver.1.17a」も公開しています。
プログラムは同じですが、ヘルプ中の誤記が見つかったため、単に修正したものとなります。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト