2019年01月11日

最近の喪中はがきのテンプレートは、年賀状送って下さいになっているとか

最近の喪中ハガキのテンプレートは、年賀状を出しても構いませんと書いているとのことで、郵便局も喪中で一世帯分の年賀ハガキの売り上げを落とすのは嫌だろうし、喪中でも年賀状を出す文化は推進したいところでしょうね。

とくに、付き合いが微妙(年賀状を出すべきか否かで悩むレベルで、情報のやりとりがほとんど無い)な相手だと、喪中かどうかわからないという理由で年賀状を毎年出さないということもあるだろうし、そういったことでの売り上げ減も防げるのかも。

まぁ、そういったところでは、喪中かどうか分からないと出せない不便な年賀状よりは、暑中見舞いや寒中見舞いというカタチで出すことも多いんでしょうけどね。

郵便局的には、寒中見舞いノルマというものは存在しなくても、年賀状ノルマは存在していそうですし、年賀状の売上げが伸びたほうが、職員的にはうれしいのかもしれません。

あ、そういえば、最近は年賀状ノルマをなくしたという箇所もあるという話でしたっけ。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記