2019年02月28日

それは恐竜ではない…んだけど、今はそれを伝える空気ではないよなぁ

小さい男の子は、だいたい、電車か恐竜か虫に興味を持つわけで、うちの長男は電車に興味を持ちました。

幼稚園のクラスには恐竜に興味を持った子もおり、幼稚園のイベントの年長クラスの出し物では、恐竜展を作っていました。
紙粘土で作った恐竜が並べられており、なるほど、6歳にもなると、ここまで目標をもって物を作り上げることができるのかと、なかなか感動しました。

一番感動したのは、天井から吊された紐に貼り付けられた翼竜。
なんだか、本物の博物館の恐竜展みたいですね。




まぁ、あえてその場では言いませんでしたけどね。
翼竜は恐竜ではないんですよね…。

よく、恐竜図鑑には、あの時期に生きていた巨大な爬虫類を一緒くたに載せているので、恐竜も、翼竜も、首長竜も、魚竜も、みんな「恐竜扱い」されがちですが、翼竜は恐竜ではないし、首長竜も恐竜ではない。

タイトルは「のび太の恐竜」なのに…。

ところで、最近の分類では、鳥類は「恐竜」の一種として捉えられるんだそうで。
恐竜から始祖鳥を経て鳥類に進化していったので。
最近の小学生は、そうやって、理科の授業で教わっているらしいです。

翼竜は恐竜ではないし、首長竜も恐竜ではないけど、鳥は恐竜だということになりますかね。
カラスも、ニワトリも、ペンギンも、スズメもハトも恐竜の一種なわけですね。
ここ最近で一番の驚きかもしれない。

同じ爬虫類であるワニやトカゲより、鳥類であるスズメのほうがティラノサウルスに近いんですって。

だいぶ前のことになりますが、ラジオ番組でゲストの人が言っていた言葉を借りると「ケンタッキーフライドチキンを食べた人は、恐竜と食べたと言って良い」んだそうです。

まぁ、こういう分類はコロコロ変わるので、30年後には、また違う分類になっているかも知れませんけどね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

「翔んで埼玉」をMOVIXさいたまで観てきた。レイトショーなのにほぼ満員

映画「翔んで埼玉」が、二階堂ふみ・GACKTのダブル主演で公開されるということで、楽しみにしておりました。
201902_saitama.jpg

先週金曜日、公開初日に観てこようとしていたのですが、仕事が長引き観に行くことができず…。
土曜日に観てこようとしたら、全上映回がほぼ満席で、極めて観にくい席しか空いておらず…。
なんとか席を確保できた、日曜日のレイトショーで座席を予約し、観てくることができました。

日曜日のレイトショーも、ほぼ満席。
レイトショーの時間で、こんなに人が来ることがあるんだとビックリしていました。

さらに、埼玉県内で一番人入りの多かった劇場が、MOVIXさいたま だったんだそうで、どうやら一番混んでいる場所に行ってしまったということのようでした。

劇場内ではしっかりと、「さいたま市」の市名がひらがなであることをディスっていましたっけ。
さいたま市民としては、「浦和と大宮のケンカ」「浦和と大宮に挟まれる与野」の構図が出てきたあたりは最高に面白かった。よく研究していますね。

テレビ埼玉でよく流れるCMの「風が語りかけます、うまいうますぎる」は、ネット上では全国区的な知名度があったことや、秘密のケンミンショーで紹介されたこともあって、まぁ、知っている人は知っているかな、と言ったところか。
大宮駅前あたりで尺八の音を聞かせると、埼玉県民は、上の台詞を言います。

それ以外では、全国的には知名度が怪しいネタもいくつかあったかな。県外/関東以外の人にどこまで理解してもらえるかはわからないけど、どうだったんでしょうね。

それこそ、池袋が埼玉の飛び地だとかいう話は、どれだけの人が知っているでしょうかね。(ウソ)
じつは、湘南新宿ラインが開通する前から、高崎線/宇都宮線は、たまに、池袋方面に行く電車があったりしたんですよ。

それにしても、よくもまぁ、あのすさまじい漫画を、マジメに映画化し、(原作では成し得なかった)完結まで導いてくれたもんだなぁと。最初に映画化の話題を聞いたときは、C級映画かD級映画くらいになるんじゃないかと思っていましたが、GACKTを始めとする出演者のランクを考えると、そうはいかないだろうなぁという作り手の覚悟も感じていました。蓋を開けてみると、非常によくできていました。面白かった。

劇場内でも、所々で笑い声が聞こえてきていまして、これも他の映画作品にはなかなか無いことかも。

群馬と千葉も描かれていましたね。まぁここらへんもよく登場させたもんで。
群馬というか「グンマー」のネタは、ネット上ではそうとう面白おかしく話題になっていましたし、群馬県知事も知っていることだそうなので、いいんじゃな。

千葉は、埼玉のライバル(?)として、なかなか濃く登場していました。
偶然、土曜日の夜にこの記事を読んでいたこともあって、(写真だけですが)JAGUARさんの登場には反応できました。
僕は千葉テレビを観ていないのでわからないのですが、やっぱり、千葉県民にとっては大入り盛り上がるネタだったんでしょうかね。

エンディングは、はなわの「埼玉県のうた」。
この歌は、だいぶ前にリリースされた歌ですが、まさか、ここにきて再登場。やっぱ面白いや。
とりあえずiTunesでダウンロードしておこう。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年02月26日

小さい頃、マリオ3でやってみたかったことを、ようやく試せた話。VCありがとう!

平成最初の年だったか昭和最後の年だったか。
スーパーマリオブラザーズ3の、ワールド5-塔の中盤で、いったん屋外に出てくるエリアがあります。

そこは、右側が壊せそうなブロックになっているし、そのまま右に進めそう。
この先には一体、何があるんだろう?

当時小学3年生くらいだった自分のスキルでは、その右側へ行くことはできませんでした。
当時持っていた攻略本には、その右側に何があるのかは書かれていなかったと記憶しています。
(ワールド5までの完全マップ・コース攻略と、ワールド6,7のコースの写真が載っているということだったので、ワールド5-塔のそのあたりが正しく攻略されていないのは、その攻略本の落ち度と言えるかもしれません)

当時の自分の考えでは、「パタパタのはね」(P羽根)の効力を維持したまま、ワールド5-塔の中盤まで辿り着ければ、あの壊せるブロックの向こう側に何があるか、確かめてみることができるのではないか?と。

そんなことを、30年前に考えていました。
まさに、平成最初の年だったか昭和最後の年だったか。
でも当時は、P羽根の効力を維持したまま、ドッスンの下を潜ることができなかったんです。ここまで辿り付くことが出来なかったんです。

で、今年。平成最後の年。ふと思い出しました。そして思いつきました。
バーチャルコンソール駆使すればイケるんんじゃないか?

mario3_5-tower-00.png

やっと試せました!
ちなみに、土管の下側のブロックはコインになっているので、下側を通過することはできません。
必ず土管の上側を通過しなければなりません。

上を通過すると、開けたエリアがあり、その先に、ぽつんと宙に浮かぶブロックが一つ!
叩いてみると、1UPキノコが!

30年越しに、やっと試せました。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム