2019年02月14日

ポータブルモードはProgram Files配下でiniファイル出力を目的としているわけではないので

先日、「マウスふるふる ver.1.12.08」でポータブルモードを搭載した件を書いたのですが、いちおう補足。

先日の記事でも書いたとおり、これはOSの仕様として、UACが発動している場合 かつ プログラムを Program Files配下などに入れている場合、mousefr.iniの保存先はカレントフォルダではなく、ユーザーフォルダ配下となります。

昔、希に、「レジストリに設定を書き込むソフトは、レジストリを汚すので、良くないソフトである」という思想を持っている方がおりました。

あるユーザーからは、病的なまでにレジストリ利用を毛嫌いするメールをもらったことがあって、ちょっとした恐怖感を覚えたことがありました。(さすがに頂いたメールを公開するわけにはいかないですけどね)

レジストリを「汚す」という概念は、まぁ、理解できないわけでもありません。
ただ、同じように考えると、「メモ帳」のような一見すると人畜無害そうなソフトウェアでも、レジストリに設定を書き込んでいるので「良くないソフト」ということになります。
また、iniファイルに設定を書込むソフトは、「ディスクを汚すソフト」であるとも言えます。
だから、あまり意味のない概念だと思っています。

ただ、古くから(Windows 3.1くらいのころから)パソコンを使っているヘビーユーザーで、「インストール」なんてことはせず、圧縮ファイルを直接ディスク上に展開してフリーソフトを使うような強者の場合は、ファイルの生成/削除で全てをコントロールできるiniファイルの方式の方が好まれるかもしれません。特定のフォルダの下にあるファイルを全部消せば、アンインストールが完了するからです。レジストリ方式の場合、ファイルを全て消しても、レジストリを消し忘れれば、ゴミデータが残ってしまうことになりますから。

ただ、それもWindows Vista以降に導入されたUACで崩れることになります。
Program Files下に出力されるiniファイルは、リダイレクトによるユーザーフォルダ配下の隠しフォルダの下に転送されてしまいます。
設定まで完璧に消したいと思っても、その隠しフォルダを探して消しに行かなければならず、レジストリを削除しに行くのと同程度の知識と手間が必要になります。
(ちなみに、Windows XPであっても、一般ユーザー権限を使わせている場合は、上記のような環境でiniファイルの出力ができません)

というわけで、ポータブルモードによるiniファイル出力機能は、USBメモリなどの、低いユーザー権限でも書き込めるようなフォルダ(少なくとも、Program Files配下ではない場所)にプログラムファイル群を置いている場合を想定した機能ということになります。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2019年02月13日

今、ポプテピピックを観たら、どんな感情を抱くだろう?

だいぶ前のことになりますが、「らき☆すた」アニメのOVAのDVDをレンタルして観てみたら、アニメ放送当時のワクワク感が得られずに困惑した、というような経験をしたことがありました。

「らき☆すた」アニメが放送されていたときは、そりゃもう、毎週観るのが楽しみで、OPテーマは暗記してカラオケで歌えるようになっていましたし、なんだか熱狂的になって観ていました。

その後、しばらく時間が経って、OVAのDVDが出ていることを知り、レンタルビデオ屋でレンタルして観てみたのですが…なぜだか当時のワクワクした気分が沸き上がって来ずに困惑しました。もはや、当時ほど若くないということか、それとも、環境的に「周囲の人も盛り上がっている」という状態でないと楽しめないのか?

でも、「あずまんが大王」を時間が経ってから見直したときは、楽しかったんだけどなぁ。

で、1年前。
ポプテピピックのアニメがネット上で盛り上がっていました。
放送/配信と同時にリアルタイムでTwitterを見るのが楽しみでした。

中には楽しめないという人もいましたけどね。(不条理系だし、特に中指系だからですかね)
とはいえ、自分や、自分がTwitterで観測できる範囲については、楽しんでいたと思います。

あれから1年経って、どうだろう。今でも楽しめるんだろうか?
ネット上の他の人の反応がリアルタイムで見られなくても、楽しめるんだろうか。

201902_poptepi.jpg

レンタルできたのは、ポプテピピック vol.2のDVD。
(vol.1は大人気なのか、なかなか借りることができません)
vol.2には、第4話〜第7話が収録されています。
アニメ放送/配信を観ていたけど、第4話〜第7話がどんな感じの話だったか、お忘れの方のためにザッと解説しておくと、

・イモヨバ(妹と呼ばないで)
・将棋対決
・ヘルシェイク矢野
・大人の事情でネズミのシーンは音だけ

ってな感じの内容となっています。
声優さんで印象に残っているのは、クレヨンしんちゃんとひまわりの兄弟コンビですかね。
(このうち、クレヨンしんちゃんの人は、もう声優交代しちゃいましたけどね)

観てみた感じでは、やっぱり当時みたいな、声優大喜利というか、声優が誰だったのかエンディングで確認するまでに「当てる」楽しみがない。それから、各所にちりばめられた「仕込み」を探す楽しみも、もはや味わえない。

そのあたりがないから、やっぱり魅力半減ですよねぇ。
ただ、OPテーマ曲はかっこいいですし、AC部制作による「ヘルシェイク矢野」の紙芝居は依然として神懸かっていますし、いくつかの要素は損なわれずに、今でも楽しめたかなぁ、と。

ただ、このアニメをレンタル初見で楽しもうとするのは、無理かもしれない。
やっぱり、当時のSNS上での盛り上がりを思い出しながらじゃないと、楽しめない。
ネットと共に楽しむタイプのアニメは、賞味期限が非常に短いのかもしれない。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年02月12日

古くなったサバイバルフードをどうするか

2013年秋頃、現在の家に引っ越してきた際に、5年間保存可能なサバイバルグッズを購入しました。
当時はまだ、2011年3月の東日本大震災からさほど年月が経っておらず、心理的な回復ができていない頃だったと思います。
また、ちょうど会社の物品販売で、若干お得な価格で購入できるチャンスが巡ってきたこともありました。
そんな経緯で購入したものです。

その後、熊本・大阪・北海道などで大きな災害が発生し、日頃の備えの重要さをその都度認識しなおしています。
北海道での大規模な停電を受けて、電池で動作可能な小型ラジオと、少し大きめの面積を持つモバイルチャージャーを購入したりもしました。

ただ、幸いにも、私の住んでいる地域では、それから5年間、大きな災害等は発生しませんでしたので、備えを利用することはありませんでした。
笛や防寒グッズ、緊急用トイレなどは、引き続きそのまま保存しておこうと思うのですが、食料と飲料水については、さすがにこのままというわけにはいかないため、処分を検討しなければなりません。

ひとまず、2023年まで利用可能なサバイバルフードを再購入することにしまして、、、

長期保存用クッキーについては、消費期限があと2年先のため、引き続き保存します。
ご飯類については、去年、消費期限が切れることに気づいて、先に食べてしまいました。
乾パン(6缶)については、あと1ヶ月半くらいで消費期限が切れるため、何かの時に食べてしまおうかと思います。
おやつとして食べてしまうか、あるいは、昼食をこれにしてしまうか(食費が浮く!)。

201902_sabaibarusetga.jpg

保存水(500ml×6本)については、消費期限(2018年12月)を迎えてしまっておりました。

ところで、こういう商品は、消費期限の表示を、実際の半分の期間で表示しているという説を(真偽不明ですが)聞いたことがあります。その説が正しいなら、実際には2023年まで飲むことができるのかもしれませんが、そこまでして頑張って飲むものでもないような気がしますし、かといってそのまま下水に流してしまうのももったいない。

さて、どうするか。
パッと思いつくのは、次の3つ。

  • 加湿器に入れる
  • お風呂に入れる
  • 洗濯機に入れる

いずれも、人間の体に水を取り入れる用途ではないもの。大量に水を使うもの。
500ml×6本=3リットル分の水道代が浮くなら、ちょっとラッキーってな感じで。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記