2019年02月04日

最近はWebブラウザ上の作業でもやたらとメモリを食う

SSDは5年で買い換えろ」というのは、まぁ、よく聞く話。
ただ、うちのPCのSSDは、すでに6年以上経っているはずなので、もうさすがにヤバいのかもしれません。

いちおう、SSDにはOSとアプリケーションだけを入れ、データ類はすべてHDDに入れ、さらに定期的な各種バックアップは欠かさないようにしているので、いつ壊れても失われるものはないようにしている(以前、SSDにソースファイル類を入れて壊れたときに痛い目に遭ったことがあるので、そこは徹底している)けれど、SSDが使えなくなれば新しいPCを購入したり新しい環境をセットアップしたりする手間は発生するので、時間は失われます。

前にも書いたと思いますが、本体内蔵のSDカードリーダーはリードオンリーでしか使えなかったり、内蔵BD-RW装置はDVDしか扱えなくなっている&50回くらいボタンを押さないとトレイが開かないという状態なので、ボロボロになっていることは確か。
(とはいえ、USB接続の外付けSDカードリーダと外付けBDドライブがあるので、困ってはいない。ただ単に、メインPCのボロさ具合の指標としているだけ)

しかしながら、PCを買い換えるお金などどこにもないので、いつ壊れるか…恐る恐る使いつつ…バックアップを欠かさないようにしている状態です。住宅ローンがあって、2人の子供を幼稚園にやって、学資保険を納めると、月21万も吹っ飛ぶんですね。それ以外にも出費はあるので、ITバブルのときに稼いだはずの銀行の預金残高がどんどん減っていくんですね。そろそろこのドメインも手放すべきか…。

PCのスペックに関しては、今の使い方で不満になることはあまりないのが、幸いなところ。
メールしたり、サイトの更新をチェックしたり、Raspberry PiにTera Termでアクセスしたり、たまにVisual Studio 2010でコーディングしたりする程度なら、CPUパワーもメモリもさほど必要ないので。

ネット上の言論を見ていると、「メモリ一桁GBは人権侵害」と言われることも多いですが、今のところ、4GBで間に合っています。

いや、正確には、間に合っていることが多い。
たまに間に合わなくなる。

GoogleのWebサービスって、やたらとメモリを食うんですね。クライアント側の。おそらく、JavaScriptが。
例えば、あるGoogleのWebサービスの設定画面を操作していると、処理速度がどんどん遅くなっていき、どんどんメモリがなくなっていき、画面がブラックアウトします。
Winキー+ Ctrl + Shift + Bキーによるグラフィックドライバの再起動で再開できることも多いですが、作業中だったタブは確実に死んでいます。無言でクラッシュ。

処理速度が遅くなってきたあたりでタスクマネージャを見てみると、メモリを2GBくらい食っています。
GoogleのWebサービスは、メモリの使い方がよろしくないのかな?
ガベージコレクト的なことがうまく動いていないとか…?
ギリギリまでメモリ解放を遅延させているのかもしれません。OSのページング機構と相性が悪いのか?

最近の、16GBとか32GBとか、もりもりメモリを積んでいるPCならば、さほど影響はないのかもしれませんが…。
ここら辺が解決してくれれば、今のPCでも、特に不満はないんですけどね。

少し前までは、Webブラウザを「シンクライアント」だと思っていた時期もあったのですが、もう完璧に「リッチクライアント」です。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC