2019年02月23日

上野東京ラインの緊急停止ボタンで痛い目に遭った人を見た話。アレ?そのボタンの名前違う?

今月6日のこと。
上野東京ラインに乗っていて、もうすぐ東京に到着する頃でした。

車両の隅っこで、何かドタバタ慌てた感じがあり、その後、少ししてから電車は緊急停車。
緊急停車してすぐに、社内の蛍光灯が消え、電光掲示板も消えました。
少ししてから、誰かと車掌さんと話す声が聞こえました。

人が倒れました
どんな様子ですか?
倒れた後、今は座っています。次の東京駅まではなんとかなるそうなので、走り始めて下さい
次の東京駅まではなんとかなりますね?
はい

東京駅までは、あと数分で着くくらいの頃だったので、このまま走り出すのかな?と思っていたのですが、なかなか走り出しません。
しばらくすると放送が流れ、列車が停止してはいけない位置に停止したこと、安全確認が必要であることが告げられました。
そのまま待つこと10分少々。
ようやく電車は動き出し、10分以上の遅れで東京駅へ到着しました。

この電車の遅れについて、誰か悪いことをしたのかと言えば、そういうわけでもない。
ただ、勇気のある人は、あるいは勇気を振り絞った人が、倒れた人を見付け、果敢に緊急停止ボタンを押しただけ。

その結果、何が起きたかといえば、何もしなければあと少しで着くはずだった東京駅に、10分以上遅れて到着した。
倒れた方の苦しみが10分延びてしまった。

もうすぐ次の駅に着くのであれば、緊急停止ボタンを押さない方が、より正しい選択なんじゃないか?とも思えます。
しかし、満員電車の中で、あとどれくらいで次の駅に着くかはわかりにくいですし、そもそも、とっさの判断でそんなことを考える余裕があるかどうかも怪しい。
なにかこう、とっさに選べる、より良い方法が選択肢として提示されるべきでは?と思った、2月6日でした。

そこあと見かけたこちらの記事がありました。

体調の悪い方がいます!緊急停止ボタンを押してください!」という女性の大きな声が響きました。で始まるこちらの記事。

緊急停止ボタンを押させない圧力を掛ける周りの大人達、あまりにも押されないボタンについて書かれた記事になります。


続きを読む
posted by ayacy at 00:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記