2019年03月13日

面白そうなので100円ショップで無線マウスを買ってみた話

仕事用カバンに無線マウスを入れて持ち歩きたいと思いまして。
職場にストックされたマウスは有線のものばかりでダメ。なら、いっそのこと買ってしまうか。

カバンに入れて持ち歩くので、なるべく小さい方が良い。

ちなみになぜ、マウスが欲しくなったかというと、ノートPCでキーボード利用時に、スライドパッドに手のひらが当たってしまって、マウスが変な位置に飛んだり、意図しないクリックが発生したりして、嫌な思いをしているから。

かといって、スライドパッドを無効にしてしまうと、マウス操作ができなくなってしまう。
なので、外出時も常に有線マウスを持ち歩き、ノートPCのUSB端子に有線マウスを繋いで使っていたのですが、カバンの中で揺られるうちに、線の付け根のところが壊れてしまいまして。

職場に小さいマウスの代替品がなかったこともあり、線の付け根のところが壊れたのなら次は無線マウスが良いなぁと思うこともあり。
スライドパッドが無効にできて、マウスが動けば良い程度だから、なるべく安いもので済ませたい。
(外出時は、進捗報告と議事録タイピングが主な作業なので、実際マウスを使うことは少ない)

Amazonで安いマウスを探すと、数十円+送料みたいな中古品が結構出てくるので驚きます。とはいえ、色々な商品のレビューを見ていると、まぁ、”安かろう悪かろう”みたいな感じで。値段が安い分、悪いところに目をつぶれば使い物にならなくもない、みたいな感じか。

ただ、中古品故に在庫確保が不安定なのか、注文してから到着するまで3週間掛かるケースもあったりとかするそうで、ちょっとそれは嫌だ。

と、そこへ、「100円ショップに格安の無線マウスが売っている」という情報が入りました。

DAISOへ行ってみると、たしかに、300円USB接続の無線マウスが売っていました。

20190310_wmouse1.jpeg

ちなみに、店内を確認したところ、店内では写真撮影OKということらしいので、撮影してしまいました。

20190310_wmouse2.jpeg

写真を遠慮なくとってもらい、SNSで共有してもらうことで、バズって売上げを伸ばしたいという店側の作戦!嫌いじゃない!

まぁ、300円ならば"安かろう悪かろう"ですし、仮に壊れてもネタとして使えますし。
従来、100円ショップの電子機器は品質がよろしくないので買うべからずという立場でおりましたが、これはネタとして面白そうなので、今回はその禁を破って購入してみることにしました。

20190310_wmouse3.jpeg 20190310_wmouse4.jpeg

上から見たときのマウスの面積は、一般的な通常サイズのマウスと同じ大きさです。
(つまり、いわゆるモバイル(持ち歩き)用マウスよりは大きいということ)

ただし、横から見たときの幅が、薄い。
一般的な通常マウスの半分程度のサイズです。
これなら、カバンに入れるときに有利です。

とりあえず、ノートPCに繋いで使ってみた感じでは、特に問題なく使えました。
ちょっと難があったのが、マウスパッドの端に達したために、少しマウスを浮かせて、マウスをマウスパッドの中央に移動させようとしたところ、マウスカーソルがプルプル震えて、少しだけ意図しない位置に移動してしまいました。

最近の一般的なマウスであれば、マウスがわずかでも持ち上がると、マウスカーソルの移動が行われなくなる事が多いんですけどね。
まぁ、そこは、"安かろう悪かろう" の極みといったところか。

あとは、どこまで故障せずに使い続けられるか。
カバンに入れて持ち歩くので、揺れてぶっ壊れそうな気もする。

そのあたりは、しばらく使ってみて判断したいと思います。
頑張れ、300円マウス! じゃないや、324円マウス

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年03月12日

初めてのスーパーのセルフレジ体験

これまで、TSUTAYAやGEOのような、レンタルショップのセルフレジを利用したことはありましたが、スーパーやコンビニのセルフレジを利用したことはありませんでした。

私も、30代で、どちらかというとIT系な企業に勤めているというのに、セルフレジを使ったことがないというのは、ちょっと恥ずかしいような気がしたこともあり、とりあえず勇気を振り絞ってスーパーのセルフレジを使ってみることにしました。

とはいえ、最初は分からないので、店員さんにお願いして、使い方を教わりながら。
(さすがに、1回やれば覚えると思うので、2回目以降に店員さんの手を患わせないならば、セルフレジを導入した意味もあるというものでしょう。2回目以降も店員さんに手伝って貰うようなら、普通にセルフでない方の(有人)レジを使った方が良い)

たまたま、ストローと、子ども用のおやつと、透明ゴミ袋が必要だったので、近所の西友に行く機会がありまして。そこに、セルフレジがありました。
(「埼玉県民は星友(≒西友)へ行け!」という、埼玉ディスり漫画のセリフもありましたしね。最近実写映画化したやつ)

セルフレジのところに着いたら、バーコード読み取り機の左側にカゴを置き、右側に持参のマイバック、または、レジ袋(小型なら無料、中型以上は有料2円〜3円)を置きます。
有料レジ袋を使う場合は、レジ袋に付いているバーコードを、バーコードリーダーに通してから。

で、カゴから商品を1つずつ取り出し、バーコードに通し、右側のマイバックまたはレジ袋に入れる。
この動作は1つずつやらないと、バーコードが反応しません。
右側に置いたかどうかは、重さが増加したかどうかで判断している様子。
2〜3個商品を掴んで、まとめてバーコードリーダーに通そうとしても、反応してくれません。
なるほど、勉強になります。

で、ストローのバーコードが読み取れませんでした。
店員さんに試してもらっても、バーコードで読み取れず。
すると、横の方に、手持ち式のバーコードリーダーがありまして、それでピッとやったら読み取れました。
なるほど、これも覚えておかねば。

全ての商品のバーコードを読込み、右側のバック内に置いたら、画面上のボタンを押し、支払い方法を選択。
とりあえずクレジット1回払いを選び、クレジットカードを挿入したら、会計が終わりました。

商品数が少なかったこともあり、比較的スムーズに進んだと言えると思います。
久々に、スーパーの買い物で、セロトニン的なものが脳内に流れた気がしました。
(前回、スーパーの買い物でそうなったのは、レジでクレジットカード決済[1回払い]をお願いしたときだったか)

ただ、これ、商品数が多いと、腕が疲れそうですね。
また、バーコードが見つかりにくい商品もあったりすると、ちょっと焦ります。
これについては、普段、有人レジの店員さんが苦労されている様子がよくわかりました。

まぁ、店員さんの働き方改革を進め、少子高齢化による働き手不足に備えようというのが、セルフレジの役割ですからね。
店員さんの苦労を客に転嫁している、ともいえそうですが、これからIT化社会がどんどん進んでいくので、こういうのにもどんどん慣れていかないといけませんね。

たぶん、カゴから自動的に商品をピックアップしてバーコードをリードし、袋に詰め込むAIロボットが登場する前に、セルフレジの方が浸透しそうですし。

商品数が多い場合、バーコードがどこにあるのか分かりにくい商品がある場合は、客の苦労も非常に大きくなりそうなので(特に、腕が疲れそう)、商品数が少ない場所の方がセルフレジは向いているかな、という感じはしました。なので、NEWDAYS(駅コンビニ)にセルフレジがあるのは、非常に合っていそう。今度、NEWDAYSでもチャレンジしてみようと思います。

ちょっと困りそうなのが、店員さんの事前準備不足で、バーコード登録されていない商品があった場合ですね。
有人レジであれば、店員さんが内線電話して、料金を教わってレジに金額を打ち込むんでしょうけど、セルフレジだと困りそう。
まぁ、セルフレジ10台程度に対して1人は、セルフレジ担当の店員さんが見回りをしているようなので、自分の近くに回って来たときに聞いてみるのが良さそうですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月11日

GACKTさんはボケに回ることもできるのか

先日、テレビ番組表を見ていたら、気になる番組がありました。

20190310_tonde2.jpeg

テレビ埼玉/映画「翔んで埼玉」公開記念特番 逆お国自慢日本一決定戦(再放送)

2月末に、MOVIXさいたまへ観に行った、魔夜峰央原作の埼玉ディスり映画「翔んで埼玉」を記念しての特番……の再放送。
放送局は当然、テレビ埼玉
CMは埼玉銘菓、十万石まんじゅう

うまい、うますぎる!


たしか、以前に、オードリーのオールナイトニッポンで、春日さんが「ふざけるわけでもなく、マジメにMCをやった」番組のことを触れており、もしやこれのことか?と。ピンと来まして。
とりあえず、観ることにしました。

20190310_tonde1.jpeg

他の番組(スクール革命とか)を見ている限りでは、オードリーの春日さんが何かを行うと、それはボケとなり、必ずその後に他の誰かがツッコミを入れて、笑いが成立するという形式が取られます。

が、この番組では、ツッコミ役がいません。そのため、オードリーの春日さんは比較的マジメに進行を行うという、極めて異例なスタイルの番組になっています。
とはいえ、「翔んで埼玉」事態が壮大な茶番というか、コメディ作品なので、この番組もお笑いを前提としており、マジメに司会といってもそうでもないんですけどね。

で、この番組でボケ担当だったんじゃないかと思うのが、意外にもGACKTさんでした。
事ある毎に同じ言葉が繰り返し飛び出し、主題の「逆お国自慢」のランキングではノミネート外の県の名前を言いだし、最後に埼玉に対する得点発表ではとんでもないことになって。さすがは一流芸能人。

と、この番組中でも、「一流芸能人」と言われていましたけど、いいんですかね、チャンネル違うけど。
まぁ、映画の中でも「格付け」されていたし、いいか。

もはやこれは、局の垣根を越えた、GACKTさん自身のアビリティなのでしょう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ