2019年03月28日

夜になった途端に月が昇り始めるって、誰が考え始めたんだろう?

昔、父親の持っていた腕時計は、昼の間は太陽の絵が登場し、夜になると月の絵が登場するようになっていました。

昼夜の区別が付くようになったゼルダの伝説とか、マインクラフトでも、太陽が沈んで夜になった途端に月が昇り始める描写があります。
(タルミナの月は別として)

で、数年前にあるタレントが「月は、太陽が海に沈んで、冷えることによって、ああいう感じで上がってくるのだと信じていた」という話をしており、ふと気づきました。

夜になったからといって、直ちに月が昇り始めるわけではなかろう。
でも、世の中の多くのコンテンツでは、夜になったら直ちに月が昇り始める描写が多くないか?

地球から見た場合の、見かけ上の月の回転と、太陽の回転は同じ速度ではありません。
具体的な速度の計算はYahoo!知恵袋かなんかに任せるとして、実際、太陽が出ている時間帯でも、月が見える日はありますからね。

太陽が沈んで、ただちに月が昇ってくるのは、満月の日くらいなもんでしょう。
でも、多くのコンテンツでは、太陽が沈んで、ただちに月が昇ってくるような描写があるわけで、あれはどういうきっかけから、そういう描写が増えたのか、気になります。

まぁ、夜空になった日に月が出ているとき、月は非常に明るく(太陽の光を反射して)輝いているので、まるで夜空を支配しているような印象を持ちますからね。それ故に、夜=月という印象がもたらされ、多くのコンテンツに影響を及ぼしているのかもしれません。

同じように、(日本を始めいくつかの地域で)太陽が赤く描かれていることも気になっています。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月27日

「ケムリクサ」のエンディングテーマのCDを。がまんしきれなくて。

先週の水曜日の「ケムリクサ」を、遅ればせながら録画した物を観まして。
さすがは、たつき監督。よく仕込んだなぁ。

少し前に、Twitter上で言っている人がいたのですが、1クールのテレビアニメは、「単に30分×12話の長さのアニメというだけでなく、3ヶ月間に渡る体験」ということで、単に6時間の長さの超大作であるということ以上の意味があって、体験をもたらしてくれるものという位置づけで捉えた方が良いとのこと。

同じような気分を、以前に、「魔法少女まどか☆マギカ」で味わったことがありました。
虚淵玄さんがシナリオという話なので、そもそも裏があるというのが多くの人達の見方ではありましたが、3話で突き落とされ、6話で不安にされ、10話で裏側を見せられてOPテーマ歌詞の意味を知り、…というのを一週間1話のペースでゆっくりゆっくり体験する。当時は既にSNSがありましたので、SNS上での話題の盛り上がりも、なかなかのものでした。
その後、東日本大震災の影響で11話と12話の放送が延期になるなど、現実の動きもあって、印象深いものになりました。

で、そんな「ケムリクサ」11話を観ると、それまでの世界観がひっくり返り、さらにエンディングテーマの歌詞の意味がようやくわかるようになって、そのタイミングで発売になりました。エンディングテーマ「INDETERMINATE UNIVERSE」。

kemurikusa_ed_201903.jpg

歌詞カードが入っていて、聞き取りづらい歌詞を文字で読むことができます。
11話を観た人であれば、これが誰のどんな心情を表した物であるかがわかるようになっているという仕掛け。

すごい作品ってのは、全部仕込まれているんだよなぁ、こういうのが。
時系列に、計画的に。

さっきの虚淵玄さんにしても、この たつき監督にしても、「予想を裏切り期待を裏切らない」やり方がすごい。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月26日

「ばきどう」って名前のマンガ、前に買ったことあったはずだけど…新刊?あれ?

コンビニで「バキ道」という単行本が売っているのを見かけました。

20180317_bakidou12.jpg

あれ、でも、「バキ道」って、前に買ったことなかったっけ?
でも、これおは2019年3月発売の新刊とのこと。
あれ、記憶が混濁している? まさかこれは、空脳(そらのう)ってやつ?

かと思ってググってみたら、前に買ったことがあったのは「刃牙道」そして、今度のは「バキ道」。
欅坂46」と「けやき坂46」(ひらがなけやき)の差みたいなもんですかね。今は日向坂46に名前を変えてしまいましたけど。

内容としては、「相撲」対決。
相撲は徹底的に強いという前提とした上で、相撲の強者と戦うという物語。
以前に、グラップラー刃牙シリーズでも、「プロレス」を同様の位置に置いて登場させたことがありましたっけ。

で、登場人物として、引退した貴乃花だろうなぁと思われる人物もでてきていました。
普通の相撲は「綺麗な相撲」ということで、そうでない相撲はメッチャ強いということでしょうかね。

こちらの今後の展開も気になります・・・が、強さのインフレーションしすぎも、そろそろアレかなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記