2019年04月05日

メリーポピンズ(古い方)とサウンド・オブ・ミュージックをようやく観た


どちらも20年以上前に観たことはあったのですが、どちらもお姉さんが登場し、子ども達を教え導き、なんなら大人の方も教え導いてしまう話なので、頭の中でゴチャゴチャになっていました。

で、つい先日、ようやく見直す機会に恵まれまして、見直すことができました。

なるほど、メリーポピンズは、父親の改心を見届けて「風向きが変わった」ことを景気に、帰って行くという終わり方だったわけだ。
子供の頃に観たときには意味のわからなかった「メディシン・ゴー・ダウン♪」(※)の意味も、まぁ、中学校で英語を習ったくらいの知識を持てば、なんとなくわかるってもの。

(※)劇中で歌われる曲「A Spoonful of Sugar」(お砂糖ひとさじで)の中の一節
  "a spoonful of sugar helps the medicine go down"

それに対して、サウンド・オブ・ミュージックの方は、修道女が家庭教師として招かれた家。ドイツによるオーストリア併合が行われようとしていた時代。併合に反対する一家が亡命するという終わり方。山を越えて逃げるのは、このシーンだったか。

これを見たのは高校生くらいのときだったと思いますが、修道院で隠れるシーンとか、さらに、改心した父親と家庭教師が結婚しちゃうとかいう流れは完璧に忘れてました。

後から知ったのですが、この話には元々実話があって、実話を元にしたミュージカルがあって、そのミュージカルを映画化したのがこの作品だったわけですね。だから、モデルになった人も実在するし、ある程度のところは現実の話だった、と。全然知らなかった…。

ところで、この映画を中盤まで観たところで、突然「INTERMISSION」みたいな文字が出てきて、画面が静止しました。
突然だったんで、ビックリしました。
この話の続きは、また明日で。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画