2019年05月01日

Raspberry Piの表面に配置された各種部品の役割はなんだろう?ってかSoCって何だ?

令和になりましたね。
まぁ、令和だから、このブログがどうなるというわけでもないので、今日は特別にそれを取り上げることはないですね。
今後のソフトウェアのアップデートとかで、令和アップデートと名付けるのにふさわしいものとかでてきたら、その時にでも。

さて、今日の話題。

小学生に上がった長女にRaspberry Piをパソコンとしてプレゼントしたわけなんですが、同時に「これって何?なんで?なんで?」と聞いてくるお年頃でもありますので、Raspberry Piの表面に配置された各部品についても、目立つものは何なのか、答えられるようにしておいた方が良いかな、と思いまして。

調べた方が良いかな、と。

■表面
DB76C22C-3DEB-42D8-839C-0A79617C402C.jpeg

表面については、GPIO, USBポート, 有線LAN, イヤホンジャック, カメラ, HDMI, microUSB(電源), microSD(ストレージ), DISPLAYのあたりは、見た目が明らかなので、特に問題ないでしょう。

気になるのは、中央やや左側にある大きめのLSIと、右側にある小さめのLSI
ヒートシンクを付けてしまったせいで、表面に何が書いてあるのかがわからなくなってしまいました。
どっちかがCPUで、どっちかがGPUでしょうか。

以前にRaspberry Piが取得している内部温度測定の結果を出力したのですが、これってCPUの温度だったのでしょうか?GPUの温度だったのでしょうか?それとも、それ以外?

右側にある小さめのLSIは、LANとUSBを制御する為のものでした。
なるほど、ここで有線通信系を制御していたわけですね。

となると、中央やや左側にある大きめのLSIは何なのか?
どうやらBroadcomと書かれており、「SoC」と呼ばれるものでした。

は?「SoC」って何だ?

SoCとは、System on a Chipの略。CPU, GPU, 内部キャッシュ, Wi-Fiなどを、一つのLSI上に入れてしまったもの。
近年は、スマホのような小型機器では、こういった形で、一つのLSI上に様々な機能を入れてしまっている場合が多いとのこと。

衝撃的なことに、あれだけスマホのスペックの記事とか読んでたのに、SoCという言葉が一切脳内に残っていない。SoCって何だ!と急激に気になることになりました。
iPhoneに載ってるA8とかA9とかA10って、ただのCPUではなかったのか! とか、今更ながら気づいて震えています。僕自身の知識のアップデートがかなり長く止まってたということになります。

どうやら、温度測定はCPUだけでもなくGPUだけでもなく、このSoCとしての温度を測定するものだったみたいですね。
今さら気づきました。





続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC