2019年05月08日

「ポチと! ヨッシー ウールワールド」をやり直す時間を確保したい

4月上旬に、「ヨッシークラフトワールド」(Nintendo Switch)を購入しまして、その際、前作(3DS版)について『「ポチと! ヨッシー ウールワールド」については、画像の質感がすごかったことと、BGMが印象深かったことは記憶に残っているのですが、肝心のアクションが楽しかったかどうかの記憶が、あんまり残っていない』というようなことを書きまして。

少し前に、3DSを久々に起動する機会に恵まれたので、「ポチと! ヨッシー ウールワールド」のクリア状態を確認してみたところ、いちおうラスボスは倒しているものの、各コースのフラワーはほとんど取得しておらず、各ワールドのSステージは1つもオープンしていない状態となっていました。

どうやら、そもそもアクションを楽しめるような遊び方をしていなかったし、真に面白いコースには辿り付いてすらいないことが発覚しました。

やり直ししたい…!

とりあえず、ステージ1のフラワーを全て取得することにしました。
フラワーの取得はやり込み要素の1つであり、つまり、昨今の「ゆとり」ゲーム世代にとって無視可能な要素となっています。
やる必要がない。
なので、ほとんど取得できていなかった。
ゆとり世代か?俺は? 違う!

とはいえ、フラワーの位置を探索するのは非常に困難。
ビーズはたくさん溜まっていましたので、ビーズを消費して、隠し要素を表示できるモードにしました。

が、画面内に隠し要素の位置が表示できるところまで行かないと、そもそも、隠し要素は表示されません。
仕方ないので、屈辱的ではありますが、隠し要素をポチが知らせてくれる「パタパタモード」を行使することにしました。

このモードでは、Aボタンを押しっぱなしにすることで、ヨッシーの「踏ん張り」が可能になります。
(通常モードでは、Aボタンを一定間隔で押し離ししないと、ヨッシーの踏ん張りが続かない)

それと共に、お供の「コポチ」が3匹現れ、

  1. コポチをいつでも投げられる。毛糸玉(他のシリーズでは「卵」)の取得が不要になる
  2. コポチをウールにぶつけると、ウールを改修できる
  3. 隠し要素の場所を教えてくれる
  4. 隠し要素が画面外にある場合や隠蔽されている場合は、その方向を教えてくれる
  5. 一部の敵を自動的に捕縛してくれる

等々、便利な機能が色々付いてきます。
上記のうち、僕が欲しいのは、3番目と4番目の機能。ありがとう、コポチ。

というわけで、ステージ1の全てのコースのフラワーを集め、ステージ1の隠しコースを出せました。

201905_yoshi_woly.jpg
▲「1-S よるのビーチはキケンがいっぱい

プレイするにあたっては、パタパタモードはオフで。

やってみると、ヨッシー クラフトワールドのシークレットアイランドでも存在していた、ひたすら踏ん張り飛びを頑張るコースが登場しました。

これだよ、これだよ。やりたかったのは。

というわけで、「ポチと! ヨッシー ウールワールド」をやり直す時間を確保したいです。
久々に3DSを持ち歩こうかなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム