2019年05月18日

ディズニーシーの「海底2万マイル」で待っているとコインを投げたくなるらしい

先日、東京ディズニーシーへ行って参りました。
長男が4歳に到達したので、普通に小人料金(4,800円)が必要になります。
長女(6歳)、大人分(7,400円)と併せて、なかなかキツイ負担額…。

以前は、ベビーカー利用状態だったので、あまり動きのあるアトラクションは利用できませんでした。
タートル・トークとか、トランジットスチーマーラインとか、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(*1)とか、マジックランプシアターとか、マーメイドラグーンシアターとか、ハンガーステージ(*2)とか、マイフレンド・ダッフィー(*3)とか。

(*1)記憶に残りづらいアトラクション。イッツ・ア・スモール・ワールド的な感じのです。
(*2)当時は、「ミスティックリズム」を上演。
(*3)観ながらお食事。

で、現在はベビーカーを離れて、そこそこ動きのあるアトラクションに乗れるようになったものの、激しすぎるアトラクションには乗れません。というわけで、チョイスしたのは、

・キャラバンカルーセル (いわゆるメリーゴーランド)
・スカットルのスクーター (回転する乗り物)
・フランダーのフライングフィッシュコースター (ジェットコースター:エントリーレベル)
・ブローフィッシュ・バルーンレース  (回転する乗り物)
・ワールプール (コーヒーカップ)
・ジャスミンのフライングカーペット (回転する乗り物。レバーで上下可能)
・海底2万マイル
・ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ (園内移動)

このうち、最初の5つには乗ったことがなかったので、始めての体験となりました。
アトラクションの激しさが中途半端なので、大人になってしまうと、なかなか乗ろうという気になれないもので。
良い体験になりました。

で、「海底2万マイル」について。
アトラクション待ちで並んでいると、途中に、ほどよく太陽が差し込む池があるのですが、なぜか皆さん、コインを投げ込んでいます。

20190511_disneysea_7300_s.jpg

アトラクションの待機場所なので、由緒もへったくれもあったもんじゃないですが、どうやら人間というものは、ほどよい池があるとコインを投げ込んでしまう修正がある模様。

20190511_disneysea_7301_s.jpg

そういえば、「海底2万マイル」って、2万マイルの深さまで海底を探索したのかと思っていました。
が、海底の中を「横方向に2万マイル移動した」って意味だったそうで。
たしかに、深さ2万マイル(3万2000km)も潜ったら、地球(直径1万2000km)の中心を突き抜けてしまいますからね。

ちなみに、原題のタイトルはマイルですらないそうで。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記