2019年06月25日

AIでシューティングゲームの敵キャラの動きを作れるか?

たぶん、20年くらい前になるかと思うのですが、仲間内でシューティングゲームを作っているときに、ボスキャラの仕様について次のようなものを渡されたことがありました。

このボスの動きは、AIで制御するものとする

この1行だけだったかと思います。
まぁ、その場で一蹴して突き返したわけですが…。

さて、21世紀になり、世の中はディープラーニングやらAIやらのブームが発生しました。
品川駅構内を歩けば「AI秘書で働き方改革!」みたいな広告も見かけます。
政府はAIの人材を何百万人育成するとかいう目標を掲げていましたっけ。
身近なところでも、アレクサとかSiriとか、なんだかAIっぽい要求を音声で受け付けてくれるサービスもあります。

今の時代だったら、シューティングゲームのボスキャラの動きを、AIで制御することができるでしょうか?


ここで注意しないと行けないのは「AIとは何を指しているのか?」でしょうか。

AIというと、人によって、次のようなものが思い浮かぶと思います。

  • アトムやドラえもんのような、人間と友達になってくれるロボット
  • SONYのAIBO
  • SOFTBANKのPepperくん
  • アレクサやSiri
  • ドラクエのAI戦闘システム
  • IBMのWatson
  • RPA(ロボットによる業務自動化)
  • ディープラーニング

21世紀になったら、コンピュータが人間の代わりに仕事をしてくれて、人間はラクできるようになると予想されていたが、実際の21世紀には、コンピュータは囲碁や将棋で遊んでばっかりじゃないか!みたいな話を聞きますね。あれもAIでしょうか?

自動車の自動運転、電車の自動運転もAIでしょうか?

大学受験をする東ロボくんというロボットが開発されていると聞きますが、それもAIでしょうか?

NHKの番組で「AIに聞いてみた」と言っていたり、東京都知事が「AIが決めた」と言っていたりするのも、本当にAIでしょうか?


シューティングゲームのボスを制御してくれるAIって、どのタイプのAIでしょうかね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2019年06月24日

新しいPCが届いたのでストレージのアクセス速度を調べてみる。M.2 SSDってどんなもんだ?


756D0583-E2EE-4805-BA64-E1DEEA05DF0E.jpeg

旧PCは、買った当時(Windows 7時代)はスペック的にも十分だったはずなのですが、繰り返されるWindows Updateでどんどん重くなってしまったことや、本体備え付けのSDカードリーダが使えなくなってしまったこと、BDドライブが開かなくなってしまったことを受けて、さすがにこれ以上使い続けるのも難しいかな、と。

さて、YouTuberの動画を見ていると、30万円のノートPCの購入を自慢紹介する動画や、100万円のノートPCの購入を自慢紹介する動画を見かけることがあります。

今回僕が購入したPCは、12万そこそこの価格なわけですが、旧PCと比べれば、だいぶスペックアップしているので、そこのところは自慢してもいいかな、と。

まず、CPUが旧PC:Core i5から、新PC:Core i7になりました。コア数/スレッド数は、4コア/4スレッドから6コア/12スレッドへ増加。
動画変換ソフトを使う際には、かなり高速化が図れそうです。

メモリは、旧PC:4GBから、新PC:16GBに増量させました。
僕の使用用途(主にVisual Studioでコーディング)から考えて、さほどメモリを使わないはずなのですが、どうやら最近はブラウザがメモリを食うようになりました。
Google系のサービスの設定画面なんかは、鬼のようにメモリを食うことがあります。
昨今では、メモリが8GB以上積まれていないPCを使うことは「人権侵害」呼ばわりされることがあるようですので、これでようやく僕にも「人権が確保された」かなぁと。

で、一番楽しみにしていたのはストレージです。
ちなみに、旧PCでは、SSD 256GB+HDD 1TBの構成としておりました。
なお、旧PC(Inspiron620s)は、本来、ストレージの追加ができる構成にはなっていませんが、自作魂をフルに発揮し、中身を空けて、空いている場所に無理やりSSDを繋げました。

ただし、旧PCでは、ストレージの性能をフルに発揮できていませんでした。
というのも、このころ、HDD側には、ランダムアクセス時のアクセス順制御(たしか、NCQ [Native Command Queuing]とかいう機能だったかな?)が搭載されていましたが、マザーボード側にはその機能がなく、ランダムアクセス時の性能が著しく低下することが分かっていました。

新PCでは、M.2 SSD 256GB+HDD 2TBの構成にしています。
M.2 SSDは、噂では高速らしいと聞いておりましたが、実際に体感するのはこれが初めてです。

というわけで、こういう時におなじみのCrystalDiskMarkで比較をしてみることにしました。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年06月23日

ハイヒールやパンプス…周囲に、こんなにも使っている人がいたとは…気づかず

今月初め、「職場でのハイヒール強制やめて」厚労省に署名提出というニュースを見かけました。

個人的に思ったことは、少なくとも僕の周囲のエンジニア的な職場では不要な物だろうな、と思ったことと、転んでケガをしたら危ないし、なくせるものなら(どういう社会的障壁があるかは知識にないため、わからないけど)、なくすべきだろうなと思いました。

ふと思い出したのは、小学校の頃に、昼間にテレビをつけたときに放送していた、何かのドラマの再放送の一幕でした。

妻が夜中に帰宅すると、家の中には不倫をする夫と若い女性がいた。
それを見た妻は、家を飛び出す。
「おい、誤解だ!」と夫は玄関から外に出るも、もう妻はいない。

一方、妻は、イライラしながら歩道を歩く。
そこで、履いていたハイヒールのかかとが取れる。
取れたハイヒールのかかとを投げ捨て、もう一方の足のかかとも壊して投げ捨て、足早に去る、というシーン。

何のドラマ化は分かりませんが、思い出しました。

ハイヒールはかかとが取れやすく、転びやすく、走りづらい(歩きづらい)という知識は、ここで得ました。
なので、なくせるものなら、なくしたほうがよいんだろうな、と。


で、このニュースを見てから、(自分の周りにはいないと思い込んでいた)ハイヒールやパンプスを履いた女性がどれくらいいるか、注意してみてみることにしました。

すると、けっこういる。
外向けの営業さんとか、直接エンドユーザーに向き合うサービス業の人(=大臣答弁で出てきた、『社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲』とされる人?)とかならともかく、庶務さんとかエンジニアの人とかでも、結構いる。

いや、親会社の課長さんにミーティングに行くとかなら、履く必要はなかろうとか思っちゃうけど、履いている。

たしか、男性がネクタイに縛られづらい雰囲気が醸成され始めたのって、けっこう最近のことだったと思います。
2000年代前半あたりから、クールビズの呼びかけはありましたが、クールビズ期間外でもネクタイを外しても良い空気が流れ始めたのは、ここ10年程度…そういえば、東日本大震災による省電力化の流れもあって、醸成されていった気がします。

ネクタイ業界の反発もありましたが、そういった反発を押しのけるだけの力が生まれました。

おそらく、ハイヒール・パンプスを廃止する流れを作るには、先のクールビズのような政治的な力に加え、自然災害的な外的要因もないと、なかなか難しいのかもしれません。

ネクタイの場合は事故やケガは起きにくいですが(ネクタイをシュレッダーに挟まれる事故や、酔っ払いが駅員さんのネクタイを引っ張る事故などはありますが)、ハイヒール・パンプスは事故やケガが起きやすいので、何か大きな流れがあるとしたら、そういったところからか…。

日本中の人々の気持ちを変えるほどのケガを負ってからでは遅いですが、逆に言うとそれくらいのきっかけがないと動かないかもしれない。
クールビズのときもネクタイ業界からの反発運動がありましたので、おそらく、ハイヒール・パンプス業界からの反発運動もあるでしょうし。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記