2019年06月02日

先週分の各種ソフトウェア更新に関する詳細

5/25〜26に「コピペテキスト修飾除去 ver.1.54.06」と「マウスふるふる ver.1.13.02」の更新についてお知らせしましたが、その後、追加でソフトウェア更新を行いましたので、それに関するお知らせです。

(x64化に関する詳細は、上のリンク先の記事を参照)

Come here windows ver.1.01.00x64版を公開しました。また、環境情報の表示(CCPU)をLite版へ差替えました。
改行コード変換 ver.1.23.03x64版を公開しました。また、Boost C++ Libraryを1.70.0へ更新。
複数行置換 ver.1.95動作環境を.NET Framework 2.0(〜3.5)から .NET Framework 4.xへ変更しました。また、コマンドライン版のターゲット環境がx86に固定されていたので、Any CPUへ変更しました。
キーボードシミュレータ.NET ver.1.44動作環境を.NET Framework 2.0(〜3.5)から .NET Framework 4.xへ変更しました。また、ターゲット環境をAny CPUへ変更しました。
画像のRGB入れ替え ver.1.00b動作環境を.NET Framework 4.xに変更しました。
NumLockLock ver.1.40.10x64版を公開しました。
改行コード変換Lite ver2.02.02
x64版を公開しました。また、ダイアログの初期表示状態がワイルドカード指定可の場合、「フォルダ名」入力欄の左に「:」が付いていなかったので修正。
ポータブルモードを利用中も、入力ファイル名/出力ファイル名の履歴を呼び出せるようにしました。

x86がなくなるのと、.NET Framework 2.0〜3.5がサポート外になるのは、どちらが先だろう?という思いもありました。
なんとなく、無根拠ですが、.NET Framework 2.0〜3.5がサポート外になる方が先なような気がしたので、.NET Framework 2.0〜3.5上で動作するソフトウェアについては、.NET Framework の4.x化(手元の開発ツールで利用可能な最も新しいバージョン)を行いました。

なお、CaptureSaveAsについては、.NET Framework 2.0〜3.5に依存している箇所があるので、現時点では.NET Framework 4.x化は行いません。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト