2019年06月17日

週末に映画2本連続で観てきた話。実写アラジンとMIBインターナショナルの感想。

今年は観たい映画が目白押しなため、あまり溜め込まないために、先週末に生じた空き時間を利用して、映画を2本連続で観てくることにしました。

ディズニーの実写版「アラジン」と、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」の2本です。

アラジン
201906_jissha_arajin.jpg

非常に良かった。映像美とかそこらへんは、これだけCG技術が進んだ時代のディズニー映画なので、当然のことではあるのですが。

空飛ぶ絨毯サル(アブー)・オウム(イアーゴ)のあたりは、なかなかのもの。
空飛ぶ絨毯は、アニメ版では当然として、実写(?)・・・というかCGでも、なんだか表情が見えるようでした。

(余談ですが、空飛ぶ絨毯のコミカルさを見ていたら、ドクター・ストレンジのマントを思い出しました。あのマントも、なかなかコミカルな表情(?)を見せてくれる非生物です)

サルとオウムは、実写(?)なので、本物の動物っぽい描き方なので、アニメ版と比較すると、なんとも不思議なもんですね。

これは、今後公開されるライオンキングでも感じられる不思議な感覚かもしれません。
見た目はリアルな動物なのに、人間みたいな感覚を喚起されるような、不思議な感覚。

あとはストーリー。
アニメ版のアラジンでは、『ディズニープリンセスだけど主役ではない、微妙な立ち位置の王女ジャスミン』が中途半端に見えておりましたが、新時代の新しい「プリンセス観」を持ったディズニーの手によるジャスミンの描き方は、一味も二味も違う。‬

詳細はネタバレになるかもしれないので伏せますが、おお!‪ディズニーよ!そう来たか!‬って感じ。
この流れは、物語中の様々なシーンや、物語終盤の「法律を書き換える」シーンで生きてきており、アニメ版のような「従属/トロフィー」的なプリンセスとは全く異なる新時代の様相を見せてもらいました。非常に良かったです。
(その分、ジャスミンの飼っているトラ(ラジャー)の印象が、あまり残らなかった)

‪それと、ウィル・スミスのミュージカル観がスゲェ良かった。‬
ウィル・スミスが最初に登場するシーンの前と後とでは、なんというか、コミカルさが全然違う。
この映画は、プリンセス観の変遷という要素を除けば、ほぼウィル・スミスのための映画だったのかもしれません。

一つ苦言を呈するならば、本作の悪役である大臣ジャファーの声が、なんだか軽いんですよね。
(ちなみに、吹き替え版ではなく、字幕版を観ています)
もっと、こう、悪役っぽさを出すために、重低音の声が欲しかったなぁという気がします。

ただ、ジャファーの元コソ泥設定とかのあたりは、自ら動いてランプの奪取をするとかのあたり、ジャファーの心の中にも触れる良い演出だったと思います。



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画