2019年06月26日

バリバリメモリを食いやがるDELLのサービスアプリは何者だ?止めてもいいのかな?

DELLの新しいPCが届き、出社前や帰宅後の時間を使って、ちまちまとセットアップを進めております。

756D0583-E2EE-4805-BA64-E1DEEA05DF0E.jpeg
▲DELL XPS 8930ベース

先日、ストレージの読み込み速度が大幅に向上した喜びを書きました。どういうシチュエーションで、シーケンシャルリードの3GB/sが活かせるかは分かりませんが、ランダムアクセス時の速度向上の方は、Visual Studioでのコンパイル&リンクの速度向上に一役買っておりました。

さて、今日はメモリの話。

前にも書いた通り、旧PCの搭載メモリ量は4GB。いわゆるIT界隈で言われているところの「人権が確保されていない状態」でしたが、新PCの搭載メモリ量は16GBになったことで、ようやく「人権が保障された状態」になれました。

ただ、気になることがあります。
Windows起動直後のメモリ使用量です。
こちらをご覧ください。

201906_baribarimemory.png

新PCは搭載メモリ量が16GBだからって、起動直後からいきなり3.1GBを食っております。
旧PC(搭載メモリ量4GB)では、いきなりこんなにメモリは食っていなかったと思います。

この後、Google Chromeを立ち上げたり、各種Webアプリを使用しているうちに、見る見るうちにメモリが食われていくのは、まぁ、仕方ないこととしましょう。最近のWebアプリなんて、そんなもんです。
てっきり、ブラウザアプリは、シンクライアントなんだと思い込んでおりましたが、実態は真逆なのです。

で、起動直後に3GBなんて、何がそんなに食っているんだろう?と不思議に思い、調べてみることにしました。
(最初に目についたのが、デフォルトでインストールされていたマカフィーだったのですが、最初に消したので、この中には映っていません)

201906_baribarimemory2.png

デフォルトでインストールされている、よくわからないDELLのアプリ群。
DELLって、他の日本のメーカー製PCと比べて、こういうわけが分からないインストーrデフォルトインストール物が少なかろうという期待が、かつての経験からあったのですが、どうやら色々入れてきているようで。


■PC-Doctor

PCの状況を定期的に診断してくれるアプリケーションらしいのですが、そんなことされなくてもこっちで何とかしますんで、消えてもらいます。


Dell D3 ?

D3とは「Dell Digital Delivery」のことらしい。PC注文時に同時購入したソフトを自動でダウンロードしてきてくれるアプリケーションとのこと。同時購入などしていないので、いらない。削除。


■Dell Support Assist

ハードウェアの検査やドライバのダウンロードをしてくれるらしいのだが、月一で重くなるとの評判らしい。削除してしまおうか。

ここまで見てみて、他にもいろいろと消してよいものがありそうだただし自己責任!)ということが判明しましたので、ざっくり削除してしまおうかと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC