2019年07月29日

先週、天気の子を観てきたのだが、感想が頭の中にうまく浮かばなくてどうしたらよいか…

先週、新海誠監督の最新作「天気の子」を観てきました。

前作「君の名は。」で、一躍有名人になってしまいました。新海誠監督。
その年一番の名作だったと思っていた「シン・ゴジラ」を興行収入で抜いてしまったこともあって、よくわからん妬みが発生してしまい「次回作を観に行くかどうかは世間の評判を聞いてから決めよう」と思っていて、初日には観に行きませんでした。

で、その後、聞いた感想としては、

  • デートムービーには向かないらしい。
  • セカイ系
  • 2000年代前半のエロゲ原作らしい。
  • というか、PlayStationでやるドラとして出ていた作品らしい。
  • 「も」……も!?

ということで、俄然、観に行きたくなってきました。

先週水曜日。
新宿へ行く用事があって、新宿駅南口を利用したのですが、

201907_tenkinokocm_02.jpg
201907_tenkinokocm_07.jpg

新宿駅が「天気の子 STATION」になり、南口は「天気の子 口」になっておりました。
なんだこれ? どうなってるんだ?

その後、周囲を見回すと
201907_tenkinokocm_06.jpg
駅コンビニ「NewDays」にも天気の子の宣伝が置いてあるし、

201907_tenkinokocm_03.jpg
なぜだかSUNTORYの天然水がコラボしているし、

201907_tenkinokocm_05.jpg
SOFTBANKもコラボして宣伝しているし。

このほかに、電車の中では、天気予報サイト(tenki.jp)もコラボしているのを見かけました。
(さすがに、電車の中では写真を撮れませんでした)

見かけるコラボ宣伝の量に、ちょっと胸焼けがしてきた。
このコラボを決めたのは、おそらく、各社が作品を観る前だったんでしょうから、前評判、おそらくは「君の名は。」が大ヒットしたことを受けて、各社はコラボ広告を打っているんでしょう。こんなに横並びでコラボ広告をすることになるとは。

ってか、JR東日本が「天気の子STATION」「天気の子 口」って、どんだけやるんだ…。

ちなみに、映画が始まる直前も
201907_tenkinokocm_08.jpg
(これはテレビCMです)

SOFTBANKのお父さん犬が映画中に2回登場しているので探してみてね、とか。
コラボのやり方の規模がでかすぎる。

胸焼け倍増。



以下ネタバレ込みになります。









続きを読む
posted by ayacy at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記