2019年08月28日

ジャンガジャンガ状態とサマルトリアの王子状態

2人以上の人が、互いに別の状態に移行しようとして、期せずして同じ状態に移行しようとしてしまう様子。
例えば、互いに逆方向に進んでいる人がぶつかりそうになるとき、避けなければならないのに、お互いに避けようとして、やっぱりぶつかりそうになるとき。
「ジャンガジャンガ状態」と呼ぶようにしています。

これは、お笑いコンビ「アンガールズ」の漫才で出てくる言葉から。

逆に、2人の人が、どうしても会えないとき。特に、お互いに追っかけあって、別々の場所を行ったり来たりしている状態のこと。
先日の夜のラジオ番組で「サマルトリアの王子状態」と呼んでいました。
(パーソナリティのその発言に対して、パートナーの方には通じていないようでしたが、リスナーにはバッチリ通じていました)

これは、ドラゴンクエスト2の最初に、主人公であるローレシアの王子が、サマルトリアの王子と合うために、洞窟→ローレシア城→サマルトリア城→… と何度も行き来させられてしまうシーンがあることから。

各城の王様からは「あっちの城に行ったのでは?」と言われます。
結局、洞窟からリリザの町に直行すればよいのですが、モブキャラによる誘導もあって、攻略本でも持っていない限りは、なかなか思いつかないでしょう。

王子たちが携帯電話でも持っていれば、こういった待ち合わせ問題は簡単に解決できたんでしょうけどね。
中世ヨーロッパの世界観では、携帯電話は現れないのです。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月27日

どこで買うかで「サラスパ」の意味って変わるよね

コンビニでサラスパ買ってきてというと、プラスチック容器に野菜やドレッシングとともに入った、そのまま食べられる食事のことを指しそうだが、スーパーでサラスパというと、調理が必要なコレを指すことになるという。‬

‪どこで買うかで意味が変わる品物。‬

201909_sarasupa.jpg
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月26日

忙しかった夏休み後半(埼玉県知事選挙期日前投票、コミティア売り子、…)

昨日まで6連休で、本業の方は夏休みをいただいておりました。
お休みの間は、日本橋 アートアクアリウム 2019 〜江戸・金魚の涼〜に行ってきた以外は、基本的には家で忙しくしておりました。

初日は壊れた居間のエアコンの修理立会いがあったり。

後半は、埼玉県知事選挙の期日前投票に行ってきました。
201908_saitamakentijisen.jpg

区役所の玄関で「翔んで埼玉」にお出迎えされる日が来るとは、どんなに想像力を逞しくしたって思い浮かばなかった日が来たもんだな…と。この後、ガストのテーブルにこの広告が貼られているのも見ましたし、実写映画公開時以上に「翔んで埼玉」が露出している気がする。

この結果はどうなるでしょう。
本稿執筆時点では、上位二人が激しく競り合っており、NHKもテレビ埼玉も当選確実を出すことができていない状態でした。
この記事が公開されるときには、結果が出ているでしょうか。

テレビ埼玉の放送を一見したところ、大野氏が一歩リードし、青島氏が後を追っているような状況にも見えましたが、今の状況では分かっていることが少なすぎて、どうなるか分かりません。
他の3人については、掲示板にポスターも張られていない状況でしたので、ちょっと意味が分かりませんでした。
特に、某党については、知名度向上のみが目的なような気がして、ちょっと気味悪かったです。

【追記】


次に「ドラゴンクエスト ウユア・ストーリー」を観た感想を受けて、多くの人が比較対象として挙げていた「実写版デビルマン」ってどんなもんだろう?という悪い興味が湧いてきて、レンタルビデオ屋で108円払って借りてくることにしてしまいました。罠を踏み抜く覚悟で。

201908_devilman0_s.jpg

痛てぇよ、足と頭、痛てぇよ。
罠を踏み抜こうとしたら頭上から隕石が落ちてきたよ。

この映画は、デビルマンをこんな内容にしちゃって、何を言いたかったんだ。
このデビルマン、最後だけでなく、最初から途中、最後まで含めて全編通してダメでした。
総合得点で「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」と比較するなら、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の方が上かと思います。

なんていうか、序盤の方で「俺、デーモンになっちゃったよ(棒読み)」みたいなセリフを言っていましたけど、なんというか、棒読みのセリフが全般的に多い気がする。
そして、中途半端な冨永愛。
意味もなく出てくるKONISHIKI、ボブ・サップ、小林幸子。
そういえば、この映画の中で最も演技がうまいのはボブ・サップなんじゃないか?ということを言っている人がいましたが、なんだか分かる気がします。
色々気持ち悪い。後味も悪い。
この映画の存在価値ってなんだろうな?



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画