2019年08月05日

「CaptureSaveAs ver.1.19β1,2」について改善点など

8月上旬より、「CaptureSaveAs」の ver.1.19β, β2を公開しています。
ユーザー要望を受けた機能追加が主になります。

  • コマンドラインオプションに/Fを追加しました。これを利用すると、常駐せずにクリップボード内の画像をファイルへ保存します。
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニューに「保存先フォルダを開く」を追加しました。201908_casaveas_openfolder.jpg

保存先フォルダは可変になりうるので、状況によっては開けない場合もあるかもしれませんが、それはご愛敬で。

さらに、自分の中でモヤモヤしていた点の改善を行っています。
201908_casaveas_ss_01.png

出力フォルダ名/ファイル名指定の「簡易指定」「詳細指定」の選択は、タブ形式で行っていました。
しかしこれは、タブを切り替えて該当区分の設定(タブの中身の設定)を行っているだけのか、それともタブを切り替えたことで「簡易」「詳細」の設定の切替が発生しているのか、直感的に、よくわからないんじゃないかと思っていました。

実際には両方を同時に行っているのですが、それが直感的にわかりづらい。
(ヘルプ内では解説しているものの、多くのユーザーはそんなところまで見ないでしょうし)

■従来
201908_old_settings_complexmode.png201908_old_settings_simplemode.png

そこで、押下式ボタン型で選択をするような形にしました。

■1.19β2より
201908_settings_complexmode.png201908_settings_simplemode.png

これで、分かりやすくなるのではないかな、と。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト