2019年08月06日

とうとうプリンタ(Canon MX923)がぶっ壊れたか

2014年3月から使用しているプリンタ(Canon MX923;複合機)が、どうやらぶっ壊れてしまった様子。
土曜日の昼間に大量の印刷をしていたら、ひと段落したところでこんなメッセージが表示されました。
201908_printererr.jpg

エラーコードはB200。修理が必要なエラー。
ネット上を調べると、プリンタヘッドの異常が原因らしいのですが、廃インクの溜まりすぎが原因な場合もあって、小手先でどうにか直るようなものでもなさそう。
(ネットの情報を頼りに、いくつか試してみましたが、全然ダメ)

このプリンタは、2014年3月から利用しているので、もう5年半も使用していることになります。
ソフマップで、26,546円で購入しました。
当時は、iPhoneから直接印刷できることに魅力を感じて使い始めましたが、ペーパーレスの時代は私生活にも及んできまして、今ではiPhoneの画面にQRコードを表示して直接提示すれば、いろいろと済むような時代になってしまいました。

結局のところ、パソコンから印刷をする用途にしか使っていません。
2014年3月から使っているということは、もう5年半も使っていることになるので、修理に出す手間を考えたり、すでに杯盤になっているプリンタヘッドを中古市場から取り寄せて取り付けるよりは、新しいプリンタ(複合機)を買い替える方がよさそう。

近年は、プリンタ機能としての使い道に加え、自宅で簡単にコピーが取れることも魅力になっています。
マイナンバーの通知書をコピーしたり、免許証をコピーしたり、それくらいならわざわざコンビニに出向かなくてもよいというのは、非常にうれしい。こんな暑い中でコンビニなんかに行ったら、熱中症で倒れちゃうかもしれないし、コンビニのコピー機の中に免許証を置き忘れるかもしれないし。

まぁ、自宅でコピーする方が、コンビニでコピーする(10円払う)よりも高くつく可能性もありますが、そこは便利さを買っているという感じで。

というわけで、自宅でコピー需要が生じるよりも前、とくに、来年の年賀状の時期までには、新しいプリンタ(複合機)を入手しておきたいところ。
(まだ、古い友人や親戚にはペーパーの年賀状が必要)

そういえば、炊飯ジャーも壊れかけてきたので、こちらも買い換えたい。
出費が激しいなぁ。
すべて、消費税増税前に駆け込まねば。
増税してほしくないけど。
続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC