2019年08月12日

子供の頃の夏の思い出。夏休みのウルトラマン、夏休みの「あなたの知らない世界」…

小学生の頃は、夏休みが42〜43日間もありました。
社会人になってからは、せいぜい5〜6日間くらいしか休みがもらえないので、えらい違いです。

今では、完全週休二日制の影響で、小学生の夏休みも短くなったそうです。
しかも、夏休み中のプール授業は行われないとか。だいぶ変わってしまいました。

そういえば、自分が小学生だった時、テレビでは「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」の再放送を毎日、放送していたと記憶しています。自分はそれで、ウルトラマンやウルトラセブンを知りました。
(逆に言うと、それ以外のウルトラシリーズは、よく知らない)

ウルトラセブンは全て観ていたので、その後に観ることになった「平成版ウルトラマン」(モロボシ・ダンがだいぶ歳を取っていたり、フルハタが隊長や参謀になっていたりするやつ)は、スゲェ楽しく観たりなんかしていました。逆に言うと、レオに出てくる隊長としてのダンのことは、よく知らない。が、まぁそれは置いておいて。

それと、みのもんた司会の番組「午後は○○おもいッきりテレビ」内の夏休みの恒例企画として放送されていた、「あなたの知らない世界」を、とても楽しみに見ていました。再現ドラマ形式の、怪奇特集です。

最も怖かったのが、投稿者の女性が、壁から出てきた謎の男に、壁の中に引きずり込まれそうになる…といったようなやつ。
かなりアクティブな話になっていて、(話の詳細は忘れましたが)怖かったことだけはよく覚えています。

ある時期から放送されなくなってしまって、「なぜ放送されなくなったの?」と親に訪ねたところ「きっと、みのもんたが、怖い話が嫌いになったからだよ」みたいに教えられましたが、実際にそうだったのかはわかりません。1995年に発生したオウム真理教の一連の事件の影響で、心霊やオカルトを扱うテレビ番組への風当たりが強くなった影響かもしれません。

ここまで書いて、ふと思い出したのですが、かなり昔、平日昼の番組「笑っていいとも」の後ろの時間に放送されていた「ごきげんよう」の前身番組「いただきます」の中で、夏休み中、ゲストが怖い話を語るコーナーがあって、楽しみに見ていたような記憶があります。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ