2019年09月08日

超ライオンキングを観てきた話。変態(誉め言葉)さを感じる。

ディズニー映画の「ライオン・キング」を観てきました。
201909_cho_lionking.jpg

内容としては、だいぶ昔に公開されたアニメのライオン・キングと同じです。
(人によっては、手塚治虫のジャングル大帝とも同じだという話を聞きますが、僕はそちらを見たことがないため、判断できず…。本件は当事者間で、真正面から争わないという大人の選択が行われたため、外野である自分は、これ以上は何も言いません)

実写としか思えない映像が全編にわたり繰り広げられますが、本当に実写なわけがなく、CG映画です。
ですが、実写っぽく見えるためか「超実写版」と呼ばれていたりします。
(そういう意味では、アラジン実写版に登場したアブー(猿)や魔法の絨毯も、「超実写」だったと言えそうです)

僕としては、元のアニメ映画では、ハイエナが耳元で「ムファサ…」と囁き、「ふぉぉおおお」と震えることを繰り返すシーンと、夜に空を見上げていて、光っている星を指して、おならを得意技とする動物が「あれはガスが燃えていると思った」と言っているシーン(実は真実なのだが、冗談と受け止められる)が大好きでした。

後者のシーンは、この超実写版でも取り入れられていましたが、前者のシーンは見つけられなかったです。ちょっと残念。
前者のシーンは、劇団四季のミュージカル版でも取り入れられていたし、けっこう誰にとっても心に残るシーンかと思っていたんだけどなぁ。残念。

まぁ、そういう残念なところはありましたが、全体的には、スゲェ映画でした。
映像だけでも、もう、スゲェの。

後から聞いた話だと、この映画は、まずは3D空間内で動物たちが演技をする状態が作られて、そこへ、VRゴーグルを被った "カメラマン" が潜入し、各シーンを撮影したのだとか。映像の作り方からしておかしい(誉め言葉)。

比較するとしたら、まだCGアニメが珍しかった時代の、フルCGアニメ映画でしょうか。
トイ・ストーリーの一作目とか。あの頃は、全編フルCGでアニメ映画を作るなんて、信じられない!といった風に捉えられていたと記憶しています。
思いつく人はいるだろうけど、実現しようとなんて誰も思わねぇよと、捉えられていたと記憶しています。それを実現してしまった。

あるいは、Nintendo3DS版のドラゴンクエスト11の冒頭の方で、上部画面には3Dで描かれるゲーム、下部画面には2Dで描かれるドット絵ゲームが映され、それが同時に進行するというもの。
思いつく人はいるだろうけど、実現しようとなんて誰も思わねぇよ、と。それを実現してしまった。

今回のもそんな感じです。
1本分の映画の長さの作品を、フルにリアルな実写と見まがうようなCGで作るなんて、思いつく人はいるだろうけど、実現しようとなんて誰も思わねぇよ、と。それを実現してしまった。
誉め言葉としての「変態」ですね。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画