2019年10月31日

昔「ラビリンス」という映画を何度も何度も繰り返し見ていた記憶がある

昔……小学生のころですが、デヴィッド・ボウイが出演している映画「ラビリンス」という映画が、テレビで放送されたものを、何度も何度も繰り返し観ていたことがありました。

正確な邦題は、「ラビリンス/魔王の迷宮」です。アメリカ映画(1986年)となります。

当時は、デヴィッド・ボウイのことはよく知らず、フクロウに変身し、透明の玉っころを転がすおじさんとしか認識していませんでしたが、今から思えば、自ら魔王役で出演しつつ、キャラクター設定に影響を与え、多くの劇中曲(歌)を提供していたんですね。
(戦場のメリークリスマスのことを知ったのは、ずっと後の話)

なんで繰り返し観ていたんだったかは、よく覚えていませんが、そこから「巨大迷路」というものには憧れ出した気がします。
母に聞いたところ、そのころは世間でも、巨大迷路を有する遊園地の企画が盛り上がったのではないか、とのこと。
久々に観たい。

ので、レンタルDVD借りてきました。

201909_dvd_labyrinth.jpg

子供の頃に見ていた映画を大人になってから観直すと、全く違う感情を抱くということはよくあります。
孔雀王がそうでした。昔は、かっこいいおにいさんたち(三上博史とユン・ピョウ)に憧れを抱きながら見ていたが、大人になってから見直すと、若造たち(三上博史とユン・ピョウ)が若気の至りの暴走で、世界を破滅させかけた危なっかしい映画に見えてくる。そんな感じの。

そんなことを思いながら、この映画を見返していましたが、なんとなく、この映画は当時の印象のままで観ることができた気がします。
ファンタジー色が強いからかな。

まぁ、マペット動かすの大変そうとか、実は巨大迷路で迷うシーンはあまりないなとか、ストーリーがご都合主義だよなとかはありますけどね。ってか、マペットなのに劇中では自然に表情を感じられるというのは、すごい操演力。
子供のころも、別にあれが本当に生きている生物だとは思ってはいなかったと思いますが、圧倒的な没入感を得られました。

あと、主人公の弟トビーを演じていた子供の名前が、本当にトビーという名前だったというのは、知らなかったです。

赤ちゃんだと、「トビー」と呼びかけられて振り向くには、本当に日ごろから「トビー」と呼ばれていなければ無理だろうからね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年10月30日

最初はそうでもなかったが、後になると見たくなるテレビのコーナーってどう思いつくんだろ

最初は、「このコーナーは意味がないな、存在意義がないな、何でこんなコーナーがあるんだろう?」と思って観ているうちに、だんだんとクセになり、絶対に外せない/中毒になりつつあるようなテレビ番組の1コーナーって、あったりしませんか?

どう思いつくんだろう?と思いますね。
おそらく、番組のコンテンツの会議に持って行ったとして、持っていく本人はどう思っているのか?上のような感情を想定して会議に諮るのだろうか。

その会議での決定権者も、どう判断してゴーサインを出すんだろう。

具体的には、「全力!脱力タイムズ」の、滝沢カレンさんが声を担当しているコーナーとか。
それから、テレビドラマ「孤独のグルメ」の、「ふらっとQUSUMI」のコーナーとかですね。

特に「ふらっとQUSUMI」のコーナーは、最初は存在意義がよくわからなかったのですが、何度も観ていくうちに、必須のコーナーだと思うようになりました。

なにせ

  • 劇中では俳優が演じる料理人・おかみさん・店のスタッフについて、このコーナーでは本物の人が出てくる
  • 劇中では謎のまま終わっている要素の種明かしが行われる
  • 劇中では主人公の井之頭五郎は下戸だが、久住さんはお酒が飲めるので、お酒と共に料理を楽しむ様子を見ることができる

ということで、劇中で足りない要素を補って、かつ、味のあるコーナーとしているからです。
特に3番目の、お酒との組み合わせについては、劇中では絶対に描けないので、かなり重要かと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月29日

あの曲もこの曲もおさむおにいさんだった…と気づいた話

昨日は、あの曲もこの曲も小林亜星さんだったという話を書いたわけですが、今日も似たような話で。

先日、「おかあさんといっしょ」の元うたのおにいさんで、TBSラジオで週一でパーソナリティをしている、横山だいすけおにいさんのラジオを聞いていたら、坂田おさむさんがゲストに出ていました。

3週連続で。

ちなみに、横山だいすけおにいさんは、自分の子供が「おかあさんといっしょ」を観ていた当時の歌のおにいさんであり、坂田おさむさんは、自分が「おかあさんといっしょ」を観ていた当時の歌のおにいさんであるため、リアルに2世代分、よく見ていた2人がパーソナリティとゲストで登場しているというのは、なんだか不思議な気分です。

(人形劇の時代区分的には、「ポコポッテイト」と「にこにこぷん」です。ちなみに坂田おさむさんの頃には、歌のおにいさん/おねえさん/体操のおにいさん/ハイ・ポーズのおねえさんのほかに、古今亭志ん輔さんが、へびくん・ぶたくんと共に登場していた時代でもあります)

で、ラジオの中で登場していた曲、あれもだったのか!これもだったのか!
例えば、きちんと名前を認識できていた「地球ぴょんぴょん」「メダルあげます」のあたりはまだしも、「どんな色が好き」「ありがとうの花」のあたりもそうだったのか、と。


ちなみに、NHKの子供番組に楽曲提供している人としては、他にもゆずの北川悠仁さんとか、つんく♂さんとかも提供していたりしますね。

番外編としては、たんけんぼくのまちのチョーさんも、いないいないばぁっ!の歌を作詞してたりなんかしますが、まぁ、チョーさんの場合は、わんわんを操演しながら声を出していたりもするので、また別格か。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記