2019年10月18日

iOS13の「最適化されたバッテリー充電」機能がジャマ

201910_btry.jpg

iOS13で追加された「最適化されたバッテリー充電」機能について。
これがジャマ。

これは、過去の充電実績から、充電完了までの時間をコントロールすることで、バッテリーの寿命を延ばしてくれる機能です。
要は、80%までの充電時間が長くなる。

僕の場合、会社では社用iPhoneと私用iPhoneの充電、自宅では私用iPhoneと旧iPhone(子供用おもちゃ)の充電で、それぞれ充電器を使いまわしており、例えば私用iPhoneが80%まで充電出来たら、社用iPhoneの充電を開始する、みたいな使い方をしています。

あるいは、今日は出張があるので、出張先へ出かける直前までなるべく100%近くまで充電したかったり。

そんな時、この機能があると、(たとえ急速充電気を使っていようと)意図的に充電時間を長くさせられてしまう。
前日までの行動が当日以降の行動の予測に役立たないような生活をしていると、この機能がジャマになります。その場合は、この機能は遠慮なくOFFにしておくべきでしょう。

みなさんも、iOS13にしてから、バッテリーの充電が遅くなった/気に食わない、という方は、この設定を確認してみると良いかもしれません。自動的にONになっていますんで。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ