2019年11月11日

Windowsのプロパティシートを動的に変化させることってできるもんなのかな

昨日、Twitterで「Windowsのプロパティシート(と、シート内の文字のフォントサイズ)を動的に変化させることってできるもんなのかな。プロパティシートで作られた設定ダイアログのウィンドウサイズ(とシート内の文字サイズ)を画面サイズに合わせて動的に変化させて欲しいと要望が来ているんだが、良い手段があるかな」というようなことを呟いたのですが、それの詳細な話みたいなのを、「管理人のふたこと」の方に書きました。




そもそものきっかけは、マウスのお供へのユーザー要望で、(左記のリンク先では触れていませんが)設定ダイアログを画面いっぱいに表示できないか?(ウィンドウサイズを大きくし、中の文字も大きくする) という要望があったことでした。

僕自身、目の衰えを感じる年ごろになってきていますので、文字の小さいデザインというものに懸念を持つようになってはおりましたが、ここへきて本格的に考える時期に達したかなと思いました。

Windowsアプリケーションのダイアログボックス、とくにプロパティシートは、そういうフレキシブルにサイズが変更できる構成にはなっていません。2倍とか3倍とか、特定サイズに拡大するだけならば、そういうダイアログテンプレートを準備すればよいのですが、そうではなく、画面サイズに対して適切に拡大しなければならないので、ちょっと違う。
(っていうか、2倍、3倍のダイアログテンプレートを準備する方法だと、後々の機能拡張時のメンテナンスがツラいってのもあるし)

なるべく今の状態から変化させず、かつ労力を掛けず、良い方法があればいいんですけどね。
それが無理なら、今はちょっと苦労するけど、今後のメンテで労力を掛けなくてすむ方法。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング