2019年12月07日

「マウスのお供」でリソースリークっぽいことが起きているらしいのだが兆候がつかめず…

「マウスのお供」を、他のいくつかのソフトと共に10時間くらい立ち上げっぱなしにしていたら、画面が乱れ始め、「マウスのお供」を再起動するといったん乱れは収まるが、その後すぐに乱れ始める、という情報が届きました。

情報から察するにリソースリークとかハンドルリークとかメモリリークだろうか…という気がしたので、「マウスのお供」「マウスふるふる」(マウスを動かし続けるため)、「TeraPad」(報告にあった同時利用ソフト)を動かし、Process Explorerで10時間程度監視しました。

201912_mtmo_rkkana.png

試行の最初の方で、GDI Handlesの情報が見られたので、このまま定期的に上がり続けるのかな?と思ったが、結局このまま変わらず。リソースリークの兆候はつかめず。

報告者の環境では、いったい何が起きているのか、根気強く調べていく必要がありそう。
もしかしたら、報告者のところで有効にしている設定が影響しているのかもしれない。

とりあえず報告者の環境と同一設定にすべく、設定ダイアログのスクリーンショットの提供をお願いしています。

20:41追記】
バグ特定に、ユーザーに根気よくお付き合いいただけていて、原因が特定できそうです。
ユーザーから設定ダイアログのスクリーンショットの提供を受け、同じ設定にして「マウスのお供」を再スタートしました。
すると、GDI Handles の数がグイグイ上がっていく事象を確認。

201912_mtmo_bug.png

1つ1つ、設定のON/OFFをして調べてみると「項目間に区切り線を引く」をONにした場合だけこの現象が発生することが判明。
おそらく、項目間の区切り線のためのHPEN(ペンハンドル)がリークしている可能性が濃厚。

【追記ここまで】


続きを読む
posted by ayacy at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング