2019年12月18日

クリップボードの中身が画像の場合に対応してみました…マウスのお供v1.62.04β

本日付で「マウスのお供v1.62.04β」を公開しています。
更新内容は、数日前に予告した、クリップボードビューア的な機能について、これまでは対象が文字列とファイル名だけだったところに加え、画像を追加したこととなります。

20191218_mtmo_imageclip.jpg
▲イメージ

技術的には、クリップボード内が画像の時に GetClipboardData(CF_BITMAP) を実行すると、ビットマップのハンドル(HBITMAP)が得られますので、CopyImage() APIでビットマップの複製を作っておき、それを保持しておいて、本ソフトで時計と共に表示しています。

画像の表示にはBitBlt() APIを使用していますが、画像が大きすぎる場合にStretchBlt() APIで縮小表示するかどうかは検討中です。そもそもどんな場合を「画像が大きすぎる」とみなすべきかとか、そもそも画像の左上だけなんとなく表示していればOKとみなすかどうか…、このあたりは、要望があったら取り入れていくのが良いかとも思っています。


また、本ソフト起動時のクリップボードの内容から表示するようにし、文字列の修飾除去機能も本ソフト起動時より働くようにしました。

posted by ayacy at 00:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | フリーソフト