2020年01月28日

「カイジ ファイナルゲーム」を観に行ってきた話。舞台俳優的演技力が光る作品ですね

前作から9年も経ったのか!とビックリしてしまったんだけど、それもそのはず。
僕は前作・前々作を、レンタルDVDで、比較的最近観たのでした。なので、「そんなに経ったの!」と勘違いしてしまうのも、まぁ普通のことでした。

というわけで、「カイジ ファイナルゲーム」を観に行ってきました。

202001_kaiji3.jpg

長女がインフルエンザに罹った際、氷枕を持って行ったところ「キンキンにひえてやがる!あくまてきだ!」と言っていたのを受けて、藤原竜也のCMのセリフが小学校低学年にも影響を与えているんだなぁと思いまして、あ、この映画観に行かなきゃ!と。

「最底辺」状態ではないところからスタートするカイジ(藤原竜也)って初めてなんじゃないかと思います。
そういったところが、ちょっとした物足りなさがありました。

ただ、劇中で登場する役者たちの演技。藤原竜也は当然として、吉田鋼太郎とか。
この映画は、こういう、大げさすぎる声を張り上げる演技が良く似合う。これだよこれだよ求めていたのはこれだよ、と。

ちょっと前に、ファイナルファンタジー 光のお父さんのDVDを借りて観たばかりだったんですけどね。あの時は、寡黙なオヤジがゲームを通して息子と心を通じ合わせる役だったんですけどね。全く同じ人が真逆の演技をする様というのは、観ていて面白い。

また、ルパン三世 THE FIRSTでは、吉田鋼太郎と藤原竜也の2人で悪役の吹き替えをしていまして、こちらも面白かった。
というわけで、なんだか、いいですね、こういう映画をまたがるつながりの面白さって。

ところで、本当に「ファイナルゲーム」なんて言っちゃっていいんですかね。
まだまだ続編があってもよさそうな気がします。次はネクストゲームでも何でもいいんで、次のカイジもぜひ見てみたい。
なんというか、本人もインタビューでおっしゃっていましたが、藤原竜也は「クズ」と呼ばれる役がハマリ役なんですね。
デスノートもそうでしたけど。

原作マンガの絵の顔と似ているわけでもないのに(カイジみたいに尖っているわけではないのに)、カイジになっちゃうんですからね。ぜひともこれからも続けて観てみたいです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画