2020年02月24日

チョコレートの食べ過ぎで鼻血が出ると言われるのは何でだろう

子どもがYouTubeの動画を見ていて、チョコレートを食べすぎると鼻血が出るらしいという知識を得まして。
まぁ、子どもが(大人も)チョコレートを食べすぎがちになることがあるとき、その戒めのために「食べ過ぎると鼻血が出るよ」と言われがちなチョコレートなのですが、どういう科学的根拠に基づくものなのかは、よくわかっていませんでした。

どうやら調べてみると、チョコレートの中に含まれるカフェインが、血行を良くして、血行を良くしすぎて、血管の細い部分が破れやすくなり、どうやらそれは鼻の粘膜であるため、「チョコレートを食べすぎると鼻血が出やすい」につながるということみたいですね。

となると、マンガ等の描写(亀仙人やサンジとか)でよく見られる、エロいことを見ると/考えると鼻血が噴き出すというのも、同じ原理なんでしょうね。


posted by ayacy at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

Bluetoothをオフにしたいけど言葉が出ない。歳かな…。最もお手軽なUIってなんだろう

2年前から、iPhoneのコントロールセンター(下からスワイプ)ではBluetoothの完全オフができなくなってしまったから、そのための簡便な方法として「Siriに頼むようにしてみた」ということを書きました。

ただ最近、歳のせいか疲労のせいか、ちょっと言葉が出にくくなることがあって、「えっと、スマホと無線イヤホンをつなぐアレってなんだっけ?」と思うようになったりして、結局、設定を開いてBluetoothを完全オフにした方が早かったんじゃないか?というケースが出てきました。

ある意味、ボケ防止にはちょうど良いのかもしれませんが。

そういえば未来的な家庭では、スマートスピーカー等を用いて、居間の電気を点けたり消したりするために「リビングルームの電気を点けて」とか「リビングルームの電気を消して」とか、音声でお願いすることができるというのを見たことがあります。

ただ、上のケースと同じように、「リビングルーム」という言葉が瞬時に出てこなかったり、あるいは、夜中に仕事で疲れ切って帰宅した時に、スマートスピーカーに指示を出せるような声を張り上げることが非常に億劫に感じるようになることは、けっこうあるんじゃないかと思ったり。

そうすると、部屋の壁にあるスイッチをパチンと叩く方が、幾分か楽なのかな?とか思ったりもします。

それもあってか、部屋の中で手を2回叩くだけで電灯のON/OFFができる、というシステムもあるそうです。ってか、今の自分の自宅にも、廊下の電気は人感センサーで自動点灯する仕掛けがありました。

そういえば、NintendoのWiiが登場した際、最初はWiiリモコンによる操作が面白く、快適ではあったのですが、そのうち「リモコンを縦横に動かして指示を出すことすら面倒」みたいに思うようなこともあったりして、「人間に合ったUIって何だろうな?」と、思ったりします。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月22日

YouTubeで未解決事件や歴史上の謎を語る動画を見ていると欲しくなるドラえもんの道具

ひと昔前、YouTubeでは、ちょっとの音楽と共に、Wikipediaで書いてあったのであろう文章を下から上に流すだけの詐欺みたいな動画が結構あって、「タイトルには興味惹かれるのに、中身はムカつく動画だな」と思っていたものなのですが、最近はそういうのが一掃されて?、ちゃんと(?) ユーチューバーの人が話しているものが増えてきました。

中には、動物の仮面をかぶっている人もいたりしますけどね。

あと、YouTuber本人の出演はないものの、声と共に、いらすとやの絵と効果音とテロップを付けているものもあって、まぁ、元ネタはWikipediaから取ってきたものなのだろうけど、創意工夫が付加されていて、これはこれで良いのではないかと思うものが増えてきて、ちょっと嬉しくなります。

そういうのを見ていると、たまに、世の中の未解決事件とか、歴史上の謎を語る動画とかが出てきたりします。

そうすると、こういう時に役に立つドラえもんの道具が「タイムテレビ」なんだろうなぁと思えてきたりします。

例えば、失踪事件なんかの場合、『□年□月□日、□時□分ごろ、○○神社で、車の中で「△△へ行ってくる」と言って外へ出たまま戻ってこなかった』とかいう感じで、行方不明になった時間と場所が、割と明示されていたりしますから、こういった謎を追いやすそうです。
ただし、ドラえもんの作中でタイムテレビが出てくるときは、時間と場所が明確でなくても、コンピュータがわりと正確にあいまい検索をしてくれているみたいですけどね。

この他にも、アメリカでUFOが墜落したと言われる事件の現場だったり、大統領が殺害された現場だったり、あるいは、ソ連の冬山で謎の死を遂げた一行だったり……と、世の中には「当時のその場に行かなきゃわからないだろうな」という事件が結構ありますからね。

あるいは、日本の紀元2世紀〜3世紀ごろの邪馬台国の位置もわかりそう。
ちなみに、ドラえもんの作中では「2005年にタイムマシンが発明されたことで、邪馬台国の位置が明らかになった」というようなアナウンスが出てくるシーンがあった気がする。テレビアニメ版だけかもしれないけど。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ