2020年02月13日

ラジオというメディアを、子供に伝えていくには

先日、4年くらい前からラジオを聞く習慣が復活しているという件に少し触れました。radikoというアプリがスマホに入ってくれたおかげで、スマホがラジオ端末として活躍するようになりました。

ラジオ番組で伊集院光さんがおっしゃっていましたが、これだけ多くの人が「ラジオを聞ける端末」を持ち歩くことは、これまでなかったわけで、現代は人類史上、最も「ラジオを聞ける端末」を持ち歩いている時代と言っても過言ではないかもしれません。

というか、「ながらスマホ」をするくらいだったら、ラジオを聞いてりゃいいんです。
「スマホを見ながら階段を上り下りする」くらいだったら、ラジオを聞いてりゃいいんです。
モニタ飲みすぎて目が疲れているのなら、目を閉じてラジオを聞いてりゃいいんです。
四六時中、情報が欲しくてスマホの画面を見ているんだったら、ラジオのニュース番組をタイムシフトで聞いてりゃいいんです。

僕はある時期、ラジオはテレビよりも前時代的なメディアであると思って、見下していました。
でも、ラジオは自らタイムシフト視聴の手段を提供してくれるようになりました。実はラジオはネットと非常に相性が良い。
ラジオでなくても、オーディオブックでも、ポッドキャストでも、ネットラジオでもいいんですけど、実は優れたメディアなんですよね。






続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ