2020年05月31日

最近の気力切れになりつつある原因の一つ。現在進行形で調査中の話。やはりこのカテゴリに関わ

最近起きた話…というか、現在進行形で起きている話だが。
例え話的に書こう。

自作ソフトXがうまく動かなくなるという報告がユーザーからあった。
ユーザーからの報告をベースに考えると、状況証拠と過去の動作ログから、どうやらBという別メーカーの別ソフトが、実は問題を引き起こしているということになった。

本来、Bというソフトが属するカテゴリ(以後、カテゴリSと呼ぶ)に対し、自分は距離を置こうとしており、このカテゴリSに関連するトラブルだとわかっていれば、関わらないように決めているのだが、今回は初動において、そうであるとわからなかった。もう調査は進めてしまっているし、今更引けないので、継続調査している。

で、BというソフトのOEM提供元へその件について問合せたところ、一週間くらい調査してもらった後、その自作ソフトXに対して1%程度の頻度でトラブルを起こす事象が確認された。

ただ、その一週間の間にもユーザーの方では色々調査を進めていて、どうも、さらなる状況証拠集めとインタビューを重ねた結果、Bが原因だと仮定すると、最新の状況と矛盾が生じることが分かった。

そこで現在、さらに別のメーカーの別のソフトAが原因と仮定すると、状況説明がうまく行くということが分かり、その方面で調査を進めている。

だいたい、AにしてもBにしても、「私がソフトXに対してこれこれこういうことをしました」というメッセージを出してくれるわけではないらしく、設定次第かもしれないし、バグかもしれないが、メッセージを出してくれない。無言でソフトXに対して悪さをする。こういう状況が、調査をしにくくさせている。

で、Bは無罪放免…といいたいところではあるが、製作メーカーからはすでに、Bが原因でトラブルが起きるという調査結果をもらっているので、Bは無罪放免というわけにもいかない。
とはいえ、Bについて解決しても、ユーザーのところで起きているトラブルは解決しない。
しかしながら、1%の発生確率ということは、毎日100人が使えば、毎日1件ずつトラブルが発生する確率ということになるので、無視するわけにもいかない。この動作が「正当」なものなのか、Bの「バグ」によるものなのかも、まだ問合せ中で分からない。

また、Aが原因であるという話は、まだ過程の段階で、まだこの先、別のソフトCとかDとかがどんどん出てくるのかもしれない。

ひとまず現時点で言えることとしては、やっぱり今後とも、AとかBとかのカテゴリSに属するのソフトに関連するトラブルについては、一切かかわらないようにしたほうが良いということだ。

せめて、メッセージを出すということを徹底してくれればいいのに…。
カテゴリSに属するソフトは、初心者相手の商売ということもあり、メッセージを出すと混乱するから、出さないオプションも提供しているということなんだろうけど、そのせいで結局、ユーザーも、自作ソフト作者も調査に難航して被害を被っているわけで、正直言って、許し難い。


続きを読む
posted by ayacy at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2020年05月30日

「ひらがな3文字で最も大きいものを言ったら勝ち」ゲーム

だいぶ前のことになりますが、テレビのクイズ番組?だったかバラエティ番組だったかで、「ひらがな3文字で最も大きいものを言ったら勝ち」というゲームが行われていました。

身の回りのものとかを考えていても難しいですが、世界に目を向けると、今は無くなってしまいましたが「それん」(ソ連=ソビエト連邦) とかどうでしょう?
世界最大の面積を誇りましたし。

むしろ宇宙に目を向ければ「かせい」(火星)がありますね。相当でかい。

いやいや、もっと大きな3文字であれば「どせい」(土星)の方がでかい。

さらに遠方へ行けば「すぴか」(スピカ)とか恒星も考えられそうです。

さらに大きく、恒星レベルより大きなエリアを占めそうなものとしては、「すばる」(スバル=プレアデス星団)とかどうでしょう?星団ならば、恒星1つ分よりも、占めるエリアはデカいはず。

もっと大きなものとなると、「ぎんが」(銀河)がありますが、これは特定のモノを指す言葉ではないので微妙です。
(我々の太陽が属する銀河を示そうとすると「天の川銀河」とか「銀河系」と呼ばなければならないので、ひらがなで3文字という制限に抵触します)

もっと大きな構造物としては「銀河群」「銀河団」「グレートウォール/銀河フィラメント」みたいなのがありそうですが、いずれも、ひらがなで3文字という制限に抵触しますね。

今一瞬、銀河群の合間合間にある超空洞を意味する「ぼいど」(VOID)を思い浮かべたんですが、考えてみたら、特定のモノを指す言葉ではないので微妙ですね。
(例えば、我々の銀河系が属する局部銀河群に近い超空洞領域を指したいなら「ローカル・ボイド」と呼ぶ必要があり、ひらがなで3文字という制限に抵触します)

となると、モノが特定できて、巨大な特定のエリアを占めているものとして「かにざ」(蟹座)とかはどうでしょう?
いくつかの恒星で構成されており、それが占めるエリアは極めて超大です。

3文字の星座なら他にもいくつかありそうな気がしますし、その恒星たちが占める体積をちゃんと計算するのも面白いかも。

あ、「せかい」(世界)はズルイのでダメってことにしましょう。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月29日

リモートワーク時代にマッチした「あつまれ どうぶつの森」朝のルーティーン

代理島民代表でのプレイにより、ようやく我が島でも「エイブルシスターズ」(服屋)が開かれる運びとなりました。

202005_AnimalCrossing_NewHorizons_IMG_9360.jpg
▲英語モードでプレイしているときですが、いちおう「エイブルシスターズ」建設中

ところで、現在私自身はリモートワーク中で、午前9時の始業までは、通勤電車に乗ることもなく、比較的自由な時間を過ごしています。

まぁ、主に、ゆっくりめに起床して、長男のためのアスレチックと化していたりするわけですが。

ところで、我が家で子供のゲームプレイを認めているのは「パパがお休みの日」としていることと、平日午前は「オンライン家庭学習の時間」であるという事情があり、次の「毎日やらなければならないこと」は、大人が担当する作業になっています。

  • たぬきちさんのところにあるATMにアクセスすること。
  • カブ価をチェックすること。良い価格ならカブを売ること。

カブ価チェックと、カブを売ることに関しては、「タヌキ商店」がオープン(8:00〜22:00)しないとできないことですが、さすがに仕事中にゲームをプレイするわけにはいきません。
しかも、午後になるとカブ価は変わってしまうため、11:59までにカブ価をチェックし、必要なら売らないといけません。

というわけで、午前8:00から本業始業の午前9:00までの間に、カブ価をチェックし、必要なら売り、ついでにたぬきちさんのATMにアクセスをするというのが、リモートワーク時代の自分のルーティーンになっています。っていうかルーチンワークです。

で、午後もカブ価は変動するので、12:00〜13:00の昼休憩も利用して、チェックする必要もありますね。

もしリモートワーク期間が終わってしまったら、難しくなりそう。
あんまりNintendo Switchを家の中から持ち出したくないし。

ところで、上記の2つの作業に加え、エイブルシスターズの「あさみ」に毎日話しかけるというミッションも与えられました。
どうやら、日々話しかけることで親密度が上がり、できることが増えるのだとか。

「パパがお休みの日」(ほぼ週2回)しか話しかけられないと、ゲームの進行が非常に遅くなっちゃいますからね。

ただ、エイブルシスターズがオープンするのは、9:00〜21:00の間だけ。
なので、上記のルーティーン内に含めることができません。
これまではカブ価をチェックするだけだった12:00〜13:00にもルーティーンを作らないといけない。

ちなみに、Nintendo Switchのシステム日付・時刻をずらすことは、時間犯罪として禁じ手としています。

こうやって、このゲームは、知らず知らずのうちに「中毒性」を作り出しているわけですね…。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム