2020年05月21日

Googleが、YouTubeが、巨大IT企業が、GAFAが、AIが支配する世界。すでに支配されている人々とは

先日、YouTubeを見ていたら、何人かのユーチューバーさんが次のようなことを言っていました。

  • ある日突然、収益化が動画単位、あるいは、アカウント単位で停止されることがある。事例は次の通り。
  • COVID-19に関連した単語が登場すると(表示すると、口にすると)、動画単位、または、アカウント単位で収益化が停止される。
  • ASMR関連の動画をアップすると、ある基準に基づいて、動画単位、または、アカウント単位で収益化が停止される。基準は不明確である。
  • そういうことがあるので、自身のASMR関連の動画はすべて削除した。
  • 「ゆっくり」な顔の画像を使った動画をアップロードすると、「似たような著作物がコピーされた」と見なされて、収益化が停止されるらしい。
  • 自身のYouTube動画の使用をテレビ局に許可したところ、テレビ放送されたとたんに、自分の動画が「著作権法違反の訴えがあった」と止められてしまう。

特に怖いのは3番目の、明確な基準なしに、理由もわからず動画単位、または、アカウント単位で収益化が停止されてしまうところですね。
不明な基準におびえながら、不当に収益化停止されてしまうことを恐れながら、ユーチューバーさんたちはクリエイティブな動画創作活動をせねばならず、大変なストレスを感じていると思います。

このあたりは、YouTubeの運営プログラムが、一定のアルゴリズムに基づいて自動的に停止してしまうらしいので、「なぜ自分の動画の収益化が停止させられたのか?」と聞いても「ガイドラインをよく読んで自分で判断してください」としか答えてくれないんだとか。

おそらく、何らかの基準を設けるのは人間でも、結局はプログラムが、アルゴリズムが自動判断するので、その判断過程がどうだったかを人間が把握するのは難しいのかもしれません。あるいは、1件1件を判断するのは不可能ではないのかもしれませんが、その問合せが一気に数万件も寄せられたりなどすると、大変だから、一律「人間は判断しない」としているのかもしれません。

まぁ、こういうのを聞くと、2012年に発生した連続誤検知問題のことを思い出してしまいます。これもまた、(人間が誤って準備した)アルゴリズムが自動的に、不正確な判断をしてしまっていた/人間が行って修正の結果を自動的に定期的に(誤って)上書きする仕組みになってしまっていたことがわかっており、似たような問題だと言えます。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営