2020年06月15日

「委細面談」という看板が通勤路にあって、ボーッと見ていた時に聞いた話

202006_isaimendan.jpg

6年くらい前まで通っていた職場に向かう途中の電車の中から、居酒屋かなんかの大きな看板の隅っこに、スタッフ募集について書かれてあって、電話番号と「委細面談」という文字が書かれていました。

通勤中の電車の中からなので、いつもそれをボーッと見ていました。
意味も分からず。

そんな中、テレビ番組でタレントさんが、かなり昔の話として、アルバイト募集の広告があった時、「委細面談」という文字の中の「細面」という文字を観て、「顔が細くないと」(=面が細くないと)合格にならないのだと思った、という話をしていました。

で、そこから実際にはどんな意味なのかな?と思って調べてみたら、「詳細は面談の時に(実際に会った時に)お伝えします」というような意味だと知りました。

…という話を、自転車に乗っていて見かけた看板を見て思い出しましてね。
つい写真を撮ってしまった、という話でした。

通じると思って書いてしまう、使ってしまう四字熟語でも、意外と相手には伝わっていないみたいなことがありますね。
(委細面談は、正確には四字熟語ではないそうですが)

カタカナ言葉とかもそういうことが多そうです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月14日

聞き間違えシリーズ。ハビタブルゾーンをハピタブルゾーンだと思ってた。ハッピーな感じで。

いつだったか、宇宙関連の話でテルギウス」(濁点)を「テルギウス」(半濁点)と勘違いしていた、という話を書いたわけですが、似たような話で。

「ハタブルゾーン」(Habitable zone)を「ハタブルゾーン」だと勘違いしていました。

ほら、人間が移住可能(居住可能)な惑星の位置ということなら、なんとなく、みんなハッー(Happy)になれそうな気がするじゃないですか。

Happitableなんて綴りはどうでしょう?

ちなみに、ちなみにHabitable(ハビタブル)は「居住可能」という意味ですね。





2020年06月13日

例のマスクは届かないけど、あちこちのお店でマスクは売られるようになってきたけど、品質は

例のマスクは届きませんが、都内では結構あちこちのお店でマスクが売られるようになったそうです。
転売屋が出しているものだったり、国外メーカーのものだったり、品質はどうだかはイマイチわからないものもあったりしますね。
「飛ぶナメクジを除去」と書いてあるマスクもあるんだとか。

スラグ(粉塵)を、スラッグ(なめくじ)と間違えたんじゃないかという話でしたっけ。

まぁ、それは置いておいて。

先日、DAISOに行ったら、「マスク50枚入り2000円を入荷しましたー」と放送がありました。
行ってみると、確かに売ってました。

202005_daisomask1.jpeg

まぁ、DAISOなら、一回りして品質も「DAISO品質程度にはいいんじゃないか」という気もしてきたので、話題性も兼ねて買ってきました。

202005_daisomask2.jpeg
裏面には、MADE IN CHINAと書かれています。


きちんとリスクが分かっていれば、まぁ、こういうのもいいんじゃないかとも思えてきます。

ちなみに、まだ使っていません。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記